CM曲は坂本龍一の「Before Long」! プジョー 新型「3008」登場

グループPSAジャパンは2021年1月27日、プジョー ブランドのCセグメントSUV「3008」に新世代デザインフェイスと充実の各種装備を備え、モデルチェンジした新型を発売した。

さらに輝きを増したベストセラーSUV

 グループPSAジャパンは、プジョーブランドのCセグメントSUV「3008」をモデルチェンジ。新世代デザインフェイスと充実の各種装備を備えた新型3008として、2021年1月27日に販売を開始した。

プジョーのCセグメントSUV 新型「3008」

 プジョー3008は、2016年のグローバルローンチ以来、80万台以上が生産され、欧州SUV市場を牽引してきたモデルで、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞し、ヨーロッパのみならず世界的にも目を見張る販売実績を上げている。

 また、日本市場においても、その洗練され都会的なデザインとクリーンディーゼルの省燃費性、環境性能、プジョーが造るSUVならではのスポーティな走りなどが評価され、2017年3月のデビュー以来、4年弱で累計販売台数8309台とプジョーブランド躍進の源となる存在だ。

 今回発売された新型モデルは、そんな3008があらゆる面でアップデートされている。その進化は大きく分けて、「さらにモダンに、さらに美しくなったフロントフェイス」「ADAS(先進安全支援システム)の強化」「プラグインハイブリッド4WD、システム出力300ps/520Nmを誇る電動化モデルであるPHEVの『3008 GT HYBRID4』の導入と純内燃機関モデル(ガソリンおよびディーゼル)の燃費向上によるエキサイティングな走りと環境性能のより高い両立」の3つに集約されている。

 新型3008のスタイルは、これまで以上に個性的でユニークなスタイルとなった。それはプジョーデザインのあらたなフェイズ(段階)の始まりを予感させるには十分で、垂直に立ち上がるグリルはフレームレスとなり、ヘッドライト、バンパーと融合。

 エンジンを冷却するためのラジエターに空気を送るため、クルマの先端には必ずラジエターグリルが設けられているが、新型3008では電動化を見据えるかのようにその存在感が薄められている。また、従来はクラムシェルボンネットのサイドのパーテーションラインからヘッドライト上を通っていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザインコードであるセイバー(サーベルの意)と呼ばれる牙状のものとなっている。

 近未来的なフレームレスグリルとなったこと、セイバーが縦のラインを強調しホイールを強調するかのようにオープニングラインと呼応するような配置となったこと、このふたつにより、新型3008のフロントフェイスははよりSUVらしいダイナミックな意匠となった。

 さらにGTではフルLEDヘッドライトとなり、リアフォグ点灯時に光度、角度を自動調整するフォグモードが備えられただけでなく、ヘッドライトユニット内側にスタティックコーナリングライトを内蔵。夜間のドライブの安全性が、より高められている。そして、それらを視覚的に支えるバンパーはより彫刻的で多面的な造形となり、フロントフェイス全体が統合されたスタイルとなるようにリデザインされた。また、フロントフード先端には、新世代プジョーらしく、3008のエンブレムが配されている。

 SUVらしいがっしりとしたショルダーラインと、リアドアからキックアップするウインドウグラフィックスは、3008ならではの都会的な洗練さとダイナミズムを生み出している。リアに目を移せばボディ幅いっぱいに広がったブラックバンドが印象的で、そのなかにはライオンの爪あとから着想を得た三条のLEDが赤く光る3D LEDリアコンビランプが搭載されている。ウインカー点灯時には、光が流れるシーケンシャルインジケーターが採り入れられており、さらに視認性が高められた。

Gallery:【画像】コンセプトは「未来を美しく走破する」! プジョー新型「3008」を画像で見る(46枚)