「移動」を「旅」に変える7シーターSUV! プジョー 新型「5008」登場

グループPSAジャパンは2021年1月27日、プジョーブランドの7シーターSUVである「5008」に新世代デザインフェイスと充実の各種装備を備え、モデルチェンジした新型5008を発売した。

さらにモダンでスタイリッシュになった7シーターSUV

 グループPSAジャパンは、プジョーブランドの7シーターSUV「5008」に新世代デザインフェイスと充実の各種装備を備え、モデルチェンジした新型を発表。2021年1月27日に販売を開始した。

プジョー 新型「5008」

 新型モデルでは、もとより備わる現代性と伸びやかな気品、7人が快適に移動を楽しめるミニバンに匹敵するユーティリティを保ちつつ、大胆にリデザインされたフロントフェイスや、さらに美しく輝く3D LEDのリアライト、新しいシートなど、未来のプジョーが持つデザインコードを確立。乗る人を「ここではないどこか、もっと遠くへ」誘うSUVとなった。

 そんな5008は、2016年のグローバルローンチ以来30万台以上が生産され、欧州SUV市場を中心にグローバルで好評を博してきたモデルだ。

 日本市場においても、ポストミニバンのファーストチョイスとして注目される3列7座SUVマーケットのなかで、その洗練され都会的なデザインとクリーンディーゼルの省燃費性、環境性能、プジョーが造るSUVならではのスポーティな走りなどが評価されている。

 そして新世代プジョーのインスピレーションを受けてデザインされた新型5008のエクステリアは、これまで以上のエレガンスをもって再構築された。垂直に立ち上がるグリルはフレームレスとなり、ヘッドライト、バンパーと融合させることで、ボディに溶け込む自然なスタイルとなっている。

 また、従来はクラムシェルボンネットのサイドのパーテーションラインからヘッドライト上をとおっていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザインコードであるセイバー(サーベルの意)と呼ばれる牙状のものに変更された。

 近未来的なフレームレスグリルとなったこと、セイバーが縦のラインを強調しホイールを強調するかのようにオープニングラインと呼応するような配置となったこと、このふたつにより、新型5008のフロントフェイスはよりSUVらしいダイナミックな意匠となったのだ。

 新型5008GTはフルLEDヘッドライトとなり、リアフォグ点灯時に光度、角度を自動調整するフォグモードが備えられた。また、ヘッドライトユニット内側にスタティックコーナリングライトを内蔵するなど、夜間のドライブの安全性がより高められている。

 そして、それらを視覚的に支えるバンパーはより彫刻的で多面的な造形となり、フロントフェイス全体が統合されたスタイルとなるようにリデザインされ、フロントフード先端には5008エンブレムが配された。

 サイドデザインは、SUVらしいがっしりとしたショルダーラインと、スリークなサイドウインドウグラフィックを囲むクロームのサイドモールが、5008ならではのボディの長さとホイールベースを強調し、伸びやかな品格あるスタイリングを生み出している。

 リアビューは、ボディ幅いっぱいに広がったブラックバンドとそのなかにライオンの爪あとから着想を得た、三条のLEDが赤く光る3D LEDリアコンビランプが備えられた。さらに、ウインカー点灯時に光が流れるシーケンシャルインジケーターを採り入れ、視認性が高められている。

Gallery:【画像】ここではないどこかへ! 「移動」を「旅」に変えるプジョー新型「5008」を画像で見る(33枚)