VAGUE(ヴァーグ)

進化の足跡を追うことができる一台

 世の中には数多くの「ネオクラシック」と呼ばれるクルマが流通しているが、なかでもとりわけ注目したいネオクラシックのひとつが、「964」という型式名で呼ばれることが多い5世代前のポルシェ「911」だろう。

 有名なクルマゆえ、今さらくどくど説明するつもりはないが、空冷方式の水平対向6気筒エンジンを搭載する911としては最後から2番目のモデルとなった964はいま、その中古車相場を上げ続けている。

 15年ほど前までは総額で350万円も見ておけば、まずまずコンディション良好な5MTの964型ポルシェ「911カレラ2」を買うことができた。

 しかしその後、世界的なネオクラシックカーブームが起こり、欧州や米国の好事家から依頼された海外バイヤー勢が、ニッポンの「程度良好なのに比較的安価な964」を買い漁り始める事態に。

 結果、前述のとおり350万円ぐらいだった相場は500万円、600万円へと上昇し、最終的には「1000万円ぐらい」というところまでいってしまったのだ。

 直近はさすがにやや落ち着き、「程度良好な5MTのカレラ2で700万円台か800万円台スタート」という塩梅になっているが、それでも昔の相場の約2倍。15年前の価格をリアルタイムで知っている人間からすれば、なんともこう阿呆らしい相場にも感じられることは否めない。

  • ボディは剛性が高いだけでなく、先代の930型と比べて空力的に大幅な改良が施され、電子式リアスポイラーなどを搭載していた(C)Porsche AG

 964型ポルシェ911の相場がここまで上がってしまった大きな理由は、前述のとおり「世界的ブームを背景とする海外バイヤー勢の買い漁り」である。しかし当然ながら、964が「魅力的なクルマだから」というのが根本的な理由であることはいうまでもない。

 リアに空冷式の水平対向エンジンを搭載するポルシェ911の歴史は、1964年に始まった。その後、ターボ以外の自然吸気モデルは1974年に「930型」にモデルチェンジされ、その後を受けて、まずは1989年に四輪駆動の「カレラ4」から登場したのが「964型」だった

 この964型の素晴らしさについて、細かく挙げていけばキリがない。

 ボディの造形は、それまでの930型とほぼ変わってないようにも見えるが、実は約85%の構成パーツが新設計されたもの。

 さらに、リアに重量物(エンジン)を積むポルシェ911が宿命的に内包していた「超高速域での直進不安定性」を完全解消するため、964型は、初代911から続いていた「わずかに前傾させて搭載する」というエンジン搭載角度を廃止。これにより、駆動フリクションを発生させる等速ジョイントを用いることなく4WD化に成功。そうして生まれたカレラ4は、911の宿痾であった「高速域での直進不安定性」をほぼ完全に解消したのだ。

 そして964型のシャシは、そもそも全輪駆動であるカレラ4を想定して設計されたため、剛性面でのキャパシティが抜群に高いというのも特徴だった。それゆえ一般的な後輪駆動のカレラ2では、実はかなりの「余裕」が生まれている。

Next数値では語れない感性に訴える走り
Gallery【画像】いつまでも色褪せない名車「964」を見る(11枚)

page

RECOMMEND