新型ロータスは次期型アルピーヌ「A110」と兄弟車に! パワートレインを大胆予想

英ロータス・カーズは現行の「エリーゼ」、「エキシージ」、「エヴォーラ」の生産を終えると発表した。その後継となる「タイプ131」は、いったいどんなモデルになるのだろうか。

25年以上の歴史を持つエリーゼ

 ついにこの時が来てしまった。ロータスが公式に、彼らのアイコンともいえるライトウェイト・オープン・スポーツカー「エリーゼ」の生産中止をアナウンスしたのである。

 エリーゼは1995年秋のフランクフルト・ショーでデビュー。当初、開発陣はスーパーカー世代にはおなじみの、あの「ヨーロッパ」の名を継がせようとしていたという。丸目のヘッドライトと、にっこり笑っているようなフロント・グリル、そして鼻先のウインカー・ランプは、確かにヨーロッパを連想させるものだった。

 ところが最終的に、ロータスの親会社だったブガッティを率いるロマーノ・アルティオーリが、自身の孫娘、エリーザの名からエリーゼと命名した。

ロータスは、フルEVで3億円近いハイパーカー「エヴァイヤ」を頂点に、新たなラインナップとなる

 2000年にはぐっとシャープなラインのフェイズ2へと進化し、エアコンやABS、トラクション・コントロールも装備した。2010年にはウインカーがヘッドライトと一体となったフェイズ3が登場し、そのまま現在に至っている。

 当初ローバー製だったパワートレインはトヨタ製に変更。さらにスーパーチャージャーで過給され年々パワーアップしていった。しかし中身は約四半世紀の間、基本的に何も変わっていない。

 アルミの押し出し材を接着して構築するバスタブ型のシャシも、GFRP(ガラス繊維強化樹脂)のカウルも、エンジンの搭載位置もサスペンションの構造も、ほとんど同じなのだ。

 だからひらりひらりと鼻先を自在に操れるような感覚をもたらすステアリングフィールも、路面の凹凸をしなやかにいなす足まわりも、ほぼそのまま受け継がれてきた。

●1995 ロータス「エリーゼ」

1995年のフランクフルト・ショーでデビューしたロータス「エリーゼ」

 このエリーゼをベースに、ルーフをソフトトップから固定式にし、サーキットに特化したハードコアなスポーツカーとして生まれたのが「エキシージ」だ。

 そしてシャシを一回り大きくし、小さいが後席も備わるのが「エヴォーラ」だ。エリーゼとエキシージからステップアップするユーザーを狙った、ライフスタイルカーである。エリーゼの25年ほどロングセラーではないが、エキシージは20年、エヴォーラも12年を越える、かなりの長寿モデルといえるだろう。

 それにしても、2021年に生産中止になるのがエリーゼとその兄弟分のエキシージだけでなく、エヴォーラも含まれるのには驚いた。しかし、ここはロータスの英断に拍手を送りたい。

 これでフルEVで3億円近いハイパーカーの「エヴァイヤ」を頂点とする、まったく新しいラインナップを構築することができるからだ。

Gallery:【画像】ロータス25年の歴史を振り返る(15枚)