VAGUE(ヴァーグ)

アメリカの2大高級車ブランドは同じ人物が立ち上げた

 アメリカのビッグスリーで最大の規模を誇るゼネラルモーターズ(以下「GM」)。GMが持つ数あるブランドのなかでも、最高級レンジに位置づけられるのが「キャデラック」だ。いまでも世界的な高級車ブランドであることに変わりはないが、往年のキャデラックはいま想像するよりもずっと凄かったのだ。

  • 2021年1月に日本上陸を果たした、キャデラックブランド初となるコンパクトSUV「XT4」の走り

 そもそもキャデラックという名称からして、アメリカを象徴する高級車ブランドにもかかわらず、じつはフランス人の名前に由来する。それは、かつてデトロイトを開拓したフランスの貴族、アントワーヌ・ド・ラ・モス・キャデラック氏であり、デトロイトの父とも呼ばれたキャデラック氏に敬意を表して名付けられた。また印象的なエンブレムも同氏の家紋をモチーフとしたものだ。

 さらに、アメリカを代表する高級車ブランドの双璧であるもう一方の「リンカーン」とキャデラックは、じつはヘンリー・リーランド氏という同一人物が立ち上げたものだ。しかもキャデラックの起源には、もともとGMではなくフォードが深く関わっている。
 
 1899年、のちにフォード・モーターを興し「自動車王」と呼ばれるヘンリー・フォード氏も関わり、氏の名を冠した会社「ヘンリー・フォード社」が設立されたものの、事情により会社を去り、1902年に機械メーカーの工場長だったヘンリー・リーランド氏が後任に就いた。そして1902年に第一号車を完成し、翌年より本格的に自動車の生産をはじめた。これがキャデラックのはじまりだ。

 その後、1909年にGMの設立者であるウィリアム・C・デュラント氏に請われてGMの一員となり、最高級レンジを担うことになる。これにより、現在までキャデラックは、GMの頂点に位置づけられるはこびとなる。

 ところがリーランド氏は、第一次世界大戦時に政府からの要請で航空機用エンジンの生産をしようとしたところ、反対されたGMのデュラント氏と袂を分かち、1917年に自身でエンジン製造を目的にリンカーン社を設立。これがのちにフォードの傘下に収まり、キャデラックのライバルとなる高級車を生産するようになったわけだ。

 ちなみにリーランド氏は、そのブランドに自身の名前をつけることを好まず、キャデラックが件のフランス人なら、リンカーンはリーランドが敬愛していたという第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーン氏に由来する。

 そんなキャデラックは、先進性においても傑出した存在だった。

 リーランド氏の在籍時には、アメリカ車としていち早く、1910年にクローズドボディを標準装備として導入したほか、1912年のに導入したセルフスターターは、画期的な発明として知られる。以降も1915年には量産V型8気筒水冷エンジンや照射角度を調整可能なヘッドライトを実用化するなどした。

  • 1953年製キャデラック「エルドラドコンバーチブル」。1950年代から60年代にかけて、キャデラックといえばアメリカの象徴だった

 リーランド氏が離れてからも、シンクロメッシュ・サイレントシフト・トランスミッション(1928年)、安全ガラスの全車標準装備化(1929年)、世界初のV型16気筒エンジンの市販化(1930年)、ダブルウイッシュボーン式前輪独立懸架(1933年)、オートマチックトランスミッション(1940年)、パワーステアリング(1951年)、パワーブレーキ(1954年)、クルーズコントロール(1958年)、サーモスタット式冷暖房システム(1964年)などの技術を矢継ぎ早に世に送り出した。

 現代の乗用車に搭載される技術の多くが、じつはキャデラックが生み出したものなのだ。

 デザインにおいてもキャデラックは際立っていた。ライバルだったリンカーンが、当初はデザインにおいては評価が低かったのとは好対照だ。

 なかでも1948年に導入した、戦闘機をモチーフとするテールフィンは、ほどなく世界的な流行を見せるほどの影響を与えた。また自動車業界初の曲面ガラスやピラーレスハードトップの採用、1950年代からしばらく続いた「イヤーモデル」と呼ぶ意匠変更や改良を、毎年のように行なったのもキャデラックが先鞭をつけたものだった。

  •  1959年製キャデラック「エルドラド」のテールフィン

 こうして自動車業界をリードしつづけてきたキャデラックは、アメリカ大統領の専用車に圧倒的に多く採用されたのをはじめ、多くの国々において王侯貴族や政府関係者、富裕層などに愛用されてきた。そのことで、アメリカ文化を象徴するアイコンとして、まさしく世界の頂点に位置する超高級車ブランドの一角をなしていた。

 いまでいえば、ロールスロイスやメルセデス・マイバッハなどと肩を並べるというニュアンスであり、当時のイメージからすると、現在もっとも高価な「エスカレード」でも1490万円からというのは、信じられないような話なのだ。

Next70年代に失墜したイメージも2000年代にグローバルブランドとして復活
Gallery【画像】アメリカの象徴!キャデラックの歴史的モデルを画像で見る(30枚)

page

RECOMMEND