メルセデスのピュアEV「EQC」 その走りはテスラ「モデルS」などのSUVとどう違う?【試乗】

メルセデス・ベンツの、日本における初の電気自動車として2019年7月に登場したのが「EQC」だ。その走りは、先行するテスラ「モデルS」やジャガー「Iペイス」など、ピュアEVのライバルSUVと比較してどうなのだろうか。モータージャーナリスト、こもだきよし氏によるレポートだ。

満充電で400km走行可能! 0-100km/h加速5.1秒の俊足ピュアEV

 2019年7月にメルセデス・ベンツのブランドとして初の100%電気自動車、「EQC」が日本でも発売された。

ピュアEVの「EQC400 4MATIC」だから、もちろんCO2排出量は0g/km

 これまでスマートのEVや、ドイツ本国には「Bクラス」のEVもあったが、EQCはメルセデス・ベンツのEVに向かう新たなフェーズのスタートになる。それはネーミングにも表れていて、「EQ」というのがメルセデス・ベンツの電動化を意味する新しい記号、「C」はCクラスの意味になる。

 EQCのプラットフォームは、DセグメントSUVの「GLC」がベースになっている。EQCのボディサイズは全長4761mm×全幅1884mm全高1623mmで、全長が少し長い程度でほぼGLCと同じとなる。

 もちろん、ガソリン車とEVでは搭載するパーツが大きく変わるので、EQC向けにアレンジが施されている。

 ボンネットを開けると、エンジンの代わりにエレクトリックドライブモジュールが搭載されていて、この周りをサブフレームが囲んでいるのが見える。これにより、パッシブセーフティ性能を引き上げ、ガソリン車並みになっているそうだ。

 客室のフロア下には80kWhという大容量のリチウムイオンバッテリーが搭載されている。

 一般家庭で使う1カ月分の電気量は約400kWhくらいなので、計算するとこれはおよそ6日分の量となる。

 これにより、2495kgという車両重量でも400km(WLTCモード)の航続距離を誇る。充電は、家庭用電源でおこなう「200V」(リヤバンパー右端)と急速充電の「CHAdeMO」(右リアフェンダー)の2つの方法が可能だ。

 前後軸にそれぞれ同じモーターが配置されている4マティック(4輪駆動)で、最高出力は300kW(408馬力)、最大トルクは765Nmを発生。最高速は180km/hに制限されるものの、0-100km/h加速は5.1秒と俊足を誇る。回生による発電は前後2つのモーターで可能となっている。

 加速やコーナリングなどの状況に応じたドライバビリティを得られるように、前後のモーターに最適なトルク配分する協調制御をおこなっているのも特徴だ。通常走行の負荷がないときはFWDだが、トラクション重視あるいは曲がることを重視するときはリアに多く配分し、安定性重視ならフロントに多く配分する4WDで走る。電気モーターなのでスムーズで素早い制御が可能となる。

 タイヤは前235/50R20、後255/45R20というサイズで、試乗車は最新のミシュランパイロットスポーツ4 SUVを履いていた。これは乗り心地、ドライグリップ、ウエットグリップ、ハイドロプレーン性能に優れたタイヤだが、とくにEV用にふさわしく静粛性も優れたタイヤとなる。標準ホイールは5本スポークの間に青色のスポークを配置し、EVのイメージを強調している。

Gallery:メルセデス初のピュアEV「EQC400 4MATIC」の画像を見る(24枚)