移動空間にもアートマインドを! 「DS7 クロスバック」にルーヴル仕様の特別仕様車が登場

グループPSAジャパンは2021年1月21日、DSオートモビルのフラッグシップSUV、「DS7 クロスバック」にルーヴルの名を冠した特別仕様車「DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi」を発売すると発表した。

DSオートモビルとルーヴル美術館の密接な協力関係が生み出す文化と移動の融合

 グループPSAジャパンは2021年1月21日、DSオートモビルのフラッグシップSUV「DS7 クロスバック」に、ルーヴルの名を冠した特別仕様車を追加すると発表した。

DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi

 今回発表された特別仕様車「DS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi」は、DSオートモビルとルーヴル美術館との長年にわたる緊密な協力関係が、文化と旅の芸術の融合を生み出し、誕生したモデルだ。

 ブランド創立以来、DSオートモビルとルーヴル美術館は、伝統とモダン、美と未来へのヴィジョンを共有し、パートナーシップを構築。そのヴィジョンはより卓越したクオリティ、専門性、革新性に裏打ちされたフランスならではの概念、サヴォア・フェール(匠の技)をもって世界にフランスとパリの存在を示すことにある。

 かつては王宮であったルーヴル宮殿は、8世紀にわたってフランスの歴史に存在感を示し続け、1793年に総合美術館として一般公開されたている。そんなルーヴルには、9000年の歴史と5つの大陸にまたがる世界でもっとも美しいコレクションが収蔵されている。

 また、その収蔵品は8つの部門に分けられており、モナリザ、サモトラケのニケ、ミロのヴィーナス像など、3万5000点以上の時代を超えた普遍性を持つ芸術作品の数々で構成されている。

 そのなかでも18世紀建築の本館とのコントラストを描くI・M・ペイによるメインエントランスのルーヴル・ピラミッド(ガラスのピラミッド)は、その伝統と革新性の融合という文脈において、精神的にも直接的にもDSオートモビルのデザインモチーフに取り入れられている。

 そのモチーフはもちろんDS7 クロスバック ルーヴル ブルーHDiの魅力のひとつであり、このモデルだけのために随所に誂えられたガラスのピラミッドをモチーフとした意匠の数々や、専用バッジ、インテリアのディテールなどの特別な装飾に加え、本来はクロームで彩られるDSウイング(フロントグリルフレーム)、ルーフレール、サイドガラスモール、リアガーニッシュをシャイニーのブラックアウトとし、ブルー アンクルもしくはノアール ペルラネラのエクステリアカラーとコーディネイトするなど、極めてシックに仕上げられた。

 さらにドアミラーには、ルーヴルのガラスのピラミッドをモチーフとした幾何学模様がレーザー加工で繊細に施されている。また、ホイールはオリジナルデザインの20インチ「アレクサンドリア」となる。

Gallery:【画像】アートと移動空間の融合!? 「DS7クロスバック ルーヴル ブルーHDi」を画像で見る(17枚)