禁断のフェラーリチューニング! ノビテック「F8トリブート」の0−100キロ加速は2.6秒!!

0−100km/h加速2.9秒という、ひと昔前では考えられなかった性能を持つフェラーリ「F8トリブート」を、さらに激速に仕立てるノビテックのチューニング手法とは。

フェラーリが煮詰めた性能をさらにノビテックが引き上げる手法とは

 ドイツのチューニングメーカー、ノビテックから、フェラーリ「F8トリブート」をベースとした最新作が発表された。

 F8トリブートはそれまでの「488GTB」のビッグマイナーチェンジ版として2019年に誕生したモデルだ。ちなみに488GTBそのものも、「458イタリア」の進化版であるから、すでに458イタリア世代のフェラーリのV型8気筒ミッドシップは、10年を大きく超える歴史を刻み続けてきたことになる。

 そして当然この間には、458イタリアから488GTBへ、そして488GTBからF8トリブートへというマイナーチェンジによって、そのパフォーマンスを向上させる策が常にフェラーリによって講じられている。

ノビテックのエンジン・スペシャリストによってチューニングされたF8トリブートは、最高出力820ps、最大トルク898Nmを発揮

 今回ノビテックがチューニングのベースに選択したF8トリブートは、720psの最高出力と770Nmの最大トルクを発揮する、3.9リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するモデルだ。

 エクステリアデザインには、リアウインドウのルーバーに象徴されるように、「F40」のディテールがモチーフとして採り入れられるなど、趣味性の高い仕上がりとなっている。はたしてこのF8トリブートを素材に、ノビテックはどう調理したのだろうか。

 ノビテックのチューニング・プログラムは、常に魅力的なエンジンを製作することから始まる。今回も彼らは、フェラーリをチューニングし、より速いクルマを作るというカスタマーの夢を、見事に果たしてみせた。

 まず、ノビテックのエンジン・スペシャリストは、自社製のさまざまなチューニングキットをフェラーリのV型8気筒エンジンに装着。2プラグ用のスペシャル・マッピング・システムである「ノビテック・N−トロニック」などはその最たるものだ。

 結果、ノーマルから100ps/128Nmアップした最高出力820ps、最大トルク898Nmを手に入れた。

 オンロードでは、このパワー&トルクの数値以上に、瞬間的なスロットルレスポンス、そして結果としてより強力さを増した加速を体験することができるだろう。

Gallery:【画像】差をつけるノビテック「F8トリブート」のエアロパーツとは(13枚)