ジャガー「Dタイプ」に世界の注目が集まる! コロナ禍の2021年を占うクルマとは

毎年1月中旬から下旬にかけて、世界のクラシックカー業界の1年を占うオークションが米国スコッツデールで開催される。このオークションでももっとも高額な車両の1台であるジャガー「Dタイプ」の落札価格は、2021年の世界のクラシックカー業界を占う意味で注目が集まっている。

2021年のオークションを占うジャガー「Dタイプ」

 アメリカ合衆国アリゾナ州の砂漠に面した避寒リゾート地、スコッツデールでは、毎年1月中旬から下旬にかけて複数の有力オークションハウスが結集し、世界のクラシックカー業界の1年を占う競売が大挙しておこなわれる。

 それは、新型コロナウイルス禍の真っただ中にある2021年も変わることなく、「ボナムズ」や「バレット・ジャクソン」、「グッディング&カンパニー」などの大手各社が、インターネットを活用したオンライン型を中心に競売をおこなうことになっているようだ。

●1955 ジャガー「Dタイプ」

正面から見ると、とても愛らしいフロントマスクをしたジャガー「Dタイプ」(C)2020 RM Sotheby’s

 そんななか、クラシックカー/コレクターズカーのオークションハウス最大手のRMサザビーズ社は、スコッツデール市内の自動車愛好家向け会員制クラブハウス&車両ストレージ施設「OTTO CARCLUB」を会場に、COVID-19感染対策のために入場制限をおこないつつ、メインはオンラインとする大規模オークション「ARIZONA」を、2021年1月18−22日(18−21日にプレビュー、22日に競売)に開催することになった。

 この「ARIZONA」オークションには、現時点で80台以上の出品が予定されているとのこと。今回VAGUEが注目したのは、出品車両のなかでももっとも高価な落札価格が見込まれている1台、1955年型ジャガー「Dタイプ」である。

 1954年に誕生したジャガーDタイプは、1951年と1953年のル・マン24時間レースで見事総合優勝を果たし、ジャガーの名を英国から世界に轟かせた「Cタイプ(XK-C)」の後継車である。

 Cタイプの成功に大きく関与した航空機畑出身のエンジニア、マルコム・セイヤーの最先端テクノロジーをいっそう大胆に導入したモデルである。

 時代に先んじて軽合金製のモノコックを採用するとともに、空力特性を最大限に重視した軽量・高剛性のボディを組み合わせ、Cタイプ時代よりさらにチューンを高めた直列6気筒DOHC「XK」ユニットを搭載した。

 デビュー早々に実戦配備されたDタイプは、翌1955年のル・マンでジャガー・カーズ社ワークスチームから出場してデビューウィン。さらにサテライトチームの「エキュリー・エコス(Eculie-Ecosse)」に委ねられた1956−1957年にも優勝し、ル・マンでは怒涛の3連勝を果たすことになる。

 そしてCタイプから継続されたモータースポーツでの大活躍により、ジャガーは量産スポーツカー/高級車メーカーとしての地位を不動のものとした。

 そんな歴史的名作であるジャガーDタイプは、現在のクラシックカーマーケットにおいても特別中の特別なモデルとして認知され、国際オークションに出品されれば毎回おどろくべき評価を受けるのが常である。今回の出品についても、世界の注目を一身に受けているのだ。

Gallery:【画像】超貴重なジャガー「Dタイプ」をチェックする(21枚)