コワモテだけど社会に優しいランボルギーニ! 2020年の日本販売台数発表

コロナ禍において、ランボルギーニの2020年世界販売台数は、前年比マイナス9%だった。2か月近い生産停止期間があったことを鑑みると、健闘した1年だったと評価できるだろう。そこで、ランボルギーニの2020年における主だった活動を紹介しよう。

日本の販売台数は、世界で4位!

 アウトモビリ・ランボルギーニが、2020年の世界販売台数を発表した。発表によると前年比9%マイナスの7430台であったが、これはコロナ禍において70日間の生産停止に起因しているようだ。

 それとは対照的に下半期の6か月では、ランボルギーニ史上最高の半期販売台数を達成している。

●ドイツで売れ行き好調

ランボルギーニは、コロナ禍の2020年を通してCSR活動を展開した

 マーケット別に販売台数を見てみると、トップから次のようになる。

・米国:2224台
・ドイツ:607台
・中国本土・香港・マカオ:604台
・日本:600台
・英国:517台
・イタリア:317台

 もっとも顕著な伸びを見せたのは、前年比+75%の韓国で303台、その次が+8%のドイツであった。

 モデル別の販売台数は以下のとおりだ。

・ウルス:4391台
・ウラカン:2193台
・アヴェンタドール:846台

 2020年12月からCEOに復帰したステファン・ヴィンケルマン氏は、次のようにコメントしている。

「2020年の業績は、世界的に困難が続いた1年であったにもかかわらず、ランボルギーニの全社員が大変な尽力と不屈の精神で素晴らしい仕事を成し遂げたことを明確に物語っています。

 私自身、再びランボルギーニの未来を担う一員になれたことを非常に光栄に思います。

 昨年は社内に強い一体感を感じました。加えて、社会的責任と、常にランボルギーニを他とは一線を画す存在にしてきたイノベーション志向も強く感じました。これらが、モデルのラインナップの統合、新たな商機の開拓、さらなるブランド強化を目指し、2021年の厳しい状況に立ち向かっていく土台になるでしょう」

 ヴィンケルマン氏の言葉を裏づけるように、すでに2021年の受注状況は、すでに生産計画の半数を超えているという。

Gallery:【画像】ランボルギーニの2020年を振り返る(17枚)