VAGUE(ヴァーグ)

キャデラックSUVラインナップが完成

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は2021年1月15日、コンパクトSUV「キャデラック XT4」を発表、同年1月16日から販売を開始する。

  • キャデラック初となるコンパクトSUV「キャデラックXT4」の走り

 キャデラックXT4は、全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mm、ホイールベース2775mmというサイズで、スタイリッシュなボディを持つSUV。世界的に人気が高いコンパクトSUVセグメントに、キャデラックとして初めて参入した戦略モデルだ。

 室内はクラストップの広さの後席レッグルームを確保、荷室も通常時637リッター、最大1385リッターという容量を誇る。

 今回の導入により、世界的なベストセラー「キャデラックXT5」、6人乗りクロスオーバーSUV「キャデラックXT6」、フラッグシップモデルのフルサイズラグジュアリーSUV「キャデラック エスカレード」とともにSUVラインナップが完成した。

 キャデラックXT4は、上質な素材を組み合わせたインサート材、トリム表皮、本革シートを用い、上質なクラフトマンシップによって仕上げられ、伸びやかな曲線とゆるやかなカーブを描くラインが室内の高級感をさらに強めている。

 また、各シートでの温度を最適化するデュアルゾーン空調システムや、すべての乗員に最適なサウンドを届けるBOSE Surround Sound Systemの13スピーカー、音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した車内の静粛性など、快適設計を実現している。

 リッターあたり100psを超えるクラスベストのパワーとトルク、高効率を兼ね備えた新設計エンジンを搭載。2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンは230ps・350Nmを発揮、低負荷時には2気筒を休止して燃費効率とパフォーマンスを発揮する気筒休止システムも搭載している。

 組み合わせるトランスミッションは9速AT。駆動方式はツインクラッチ式AWDで、必要に応じて後輪への駆動力の伝達を完全に遮断できるため、フリクションの低減が可能になっている。

 レーダーやカメラ、センサーなどの技術を用いたエマージェンシーブレーキシステム(フロントオートマチック 歩行者対応ブレーキ/リアオートマチックブレーキ)、アダプティブクルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラートなど、20以上の最新安全装備を搭載。セグメントでもっとも充実した標準安全装備を誇っている。さらにドライビングシーンに合わせて最適なドライブモードが選択可能だ。

 ラインナップはラグジュアリー系の「プレミアム」と、ラグジュアリーかつトップグレードの「プラチナム」、スポーティな「スポーツ」の3グレードを用意する。それぞれ異なるコンテンツとスタイリングを備え、ライフスタイルや好みに合わせ、最適なモデルを選択可能だ。

●キャデラック XT4 車両価格(消費税込)

・キャデラックXT4 プレミアム 570万円
・キャデラックXT4 スポーツ 640万円
・キャデラックXT4 プラチナム 670万円

 なお、デリバリー開始は2021年2月を予定している。

Galleryキャデラック初のコンパクトSUV「XT4」を画像で見る(20枚)

RECOMMEND