20台限定! 丑年にふわさしいアバルト「695アンノ デル トーロ」発売開始

アバルトから丑年である2021年に相応しい限定モデルが発売された。「695アンノ デル トーロ(丑の年)」と名づけられた20台限定モデルの詳細を紹介する。

20台限定のブル仕様アバルトとは

FCAジャパンは、限定モデル「695 Anno del Toro(アンノ デル トーロ)」の予約受付を、特設サイトを通じて2021年1月14日より開始した。

車名の「Anno del Toro(アンノ デル トーロ)」は、イタリア語で「丑の年」を意味する

 695アンノ デル トーロのベースとなったのは、アバルトの高性能モデル「595 Competizione(コンペティツィオーネ)」(左ハンドル・5速MT)で、装備はベース車両に準拠している。

 車名の「Anno del Toro」は、イタリア語で「丑の年」の意味だ。

 695アンノ デル トーロは、限定20台のみの販売となり、車両価格は429万円(消費税込)となる。

 エクステリアにおける最大の特徴は、走行中に車体を安定させる効果を生み出す大型のリアルーフスポイラーだ。このリアルーフスポイラーは、フィアット「600」をベースとする1960年代のコンペティションモデル、フィアット「アバルト1000TCR」にインスピレーションを受け、それに現代風のアレンジを加えたものだ。

 ウイングの角度は最大60度まで調整可能となっており、速度域に応じてダウンフォースの強弱を設定できる。

 エクステリアカラーは、限定車専用のBlu Podio(ブルー)を採用し、ルーフにはチェッカードパターンが施されている。さらにオーバーフェンダーやサイドシルはグレーとし、コンペティションモデルの雰囲気を演出。

 さらに前後のエンブレム、およびホイールセンターキャップ、ステアリングホイールには、ビンテージタイプのロゴバッジが採用された。

 足回りには17インチ12スポークのアルミホイールを装着。またフロントディファレンシャルに、コーナー立ち上がり時の加速性を向上させるメカニカルLSDが搭載されている。

 なお、特設サイトを通じて予約受付をスタートした695アンノ デル トーロだが、応募多数の場合は抽選となる。

アバルト・アバルト500 の中古車をさがす

Gallery:【画像】早い者勝ち! 20台限定の「695アンノ デル トーロ」(6枚)