あるはずないフェラーリ「テスタロッサ・スパイダー」がこの世にある理由とは?

バブル時代の象徴であり、誰もが憧れたフェラーリ「テスタロッサ」。フラッグシップモデルでありながら、フェラーリとしては生産台数が多かったということもあり、意外と入手しやすいプライスで流通しているが、カタログモデルにはなかったオープンモデルも存在している。

ピニンファリーナに別注スパイダーをオーダーした人物とは?

 フェラーリ・テスタロッサについては、1960年代以来のフェラーリ製ベルリネッタの慣例を外れ、ピニンファリーナがデザインワークだけではなく、ボディ/インテリアのコーチワークまで担当していた。

 そして、オープンモデルが一時的に激減していた時代ということもあって、正規モデルのボディタイプは、クローズドの「ベルリネッタ(とくにスポーティなクーペ)」のみとされていた。

●1987 フェラーリ「テスタロッサ・スパイダー by ストラマン」

幌を開け放ったときのボディラインには、破綻がまったく見られない(C)2020 Courtesy of RM Sotheby’s

 しかし、フェラーリおよびピニンファリーナのオフィシャルとして、1台だけスパイダー版が製作されている。

 フィアット・グループの会長を長らく務めるとともに、前世紀後半のヨーロッパにおけるセレブレティの代表格としても知られた偉人。そして、数多くの特注フェラーリをピニンファリーナとともに生み出してきた「アヴォカート(弁護士)」こと故ジャンニ・アニエッリが、自身のフィアット会長就任20周年を記念して、ピニンファリーナにテスタロッサをベースとするスパイダーを特注したのだ。

 フェラーリのアーカイブによると、この記念プロジェクトは1986年2月27日にスタートされ、4か月後に完成・納車されたとのことである。

 もともと世界の憧れとなっていたテスタロッサ。しかも、さらにスペシャルなオープンモデルは、当時のアーケード版レースゲーム「SEGAアウトラン」にも登場するなど、世界で1台だけのスパイダー版は大きな反響を巻き起こすことになった。

 ただ、ピニンファリーナは公式には「一品製作」を謳いつつも、主にアヴォカートと親しい友人たちを中心とした特別な顧客の追加オーダーを受け付け、秘密裏にもう数台のスパイダーが製作されたともいわれている。

 そして、チューニングカーでも有名な「ケーニッヒ(Koenig)」、のちに独自開発のコンプリートカー生産にも乗り出す「ローレンツ&ランクル(Lorenz & Rankl)」らドイツ勢に加えて、アメリカの「ストラマン(Straman)」などのスペシャルコーチビルダーも、裕福かつ特別なクルマを熱望する顧客のために、テスタロッサのルーフを取り去ったスペシャルカスタムカーの製作に乗り出してゆく。

 RMサザビーズ「ARIZONA」オークションに出品される、ネロ(ブラック)外装/クオイオ(ナチュラルレザー色を再現したライトブラウン)内装のテスタロッサ・スパイダーも、そんなテスタロッサ・カスタムのひとつだ。1987年型のスタンダード・テスタロッサをベースに、北米ストラマン社がモディファイしたスパイダーなのだ。

Gallery:【画像】希少な「テスタロッサ」のスパイダーモデルとは(23枚)