あるはずないフェラーリ「テスタロッサ・スパイダー」がこの世にある理由とは?

バブル時代の象徴であり、誰もが憧れたフェラーリ「テスタロッサ」。フラッグシップモデルでありながら、フェラーリとしては生産台数が多かったということもあり、意外と入手しやすいプライスで流通しているが、カタログモデルにはなかったオープンモデルも存在している。

80年代カルチャーの代表「テスタロッサ」

 フェラーリ「テスタロッサ」は、近代フェラーリを代表する名作であるとともに、「ヤングタイマー」と呼ばれる1980−90年代のネオ・クラシックカーの中でも、とくにアイコニックなモデルといえるだろう。

 テスタロッサは1984年パリ・サロンにおけるデビューの瞬間からセンセーションを巻き起こして以来、この華やかな時代のカルチャーを体現するものとして、映画やドラマ、あるいは当時大流行したミュージックビデオなど、さまざまなステージを飾ってきた。

●1987 フェラーリ「テスタロッサ・スパイダー by ストラマン」

予想落札価格は、約1300万円−約1815万円。テスタロッサとしては高額であるが、はたしてアメリカのスペシャリストが製作したスパイダーモデル評価は?(C)2020 Courtesy of RM Sotheby’s

 テスタロッサは、生産過程において幾ばくかの進化は施されたものの、持ち前の未来的なオリジナルデザインは、最終型「F512M」として1996年をもって生産を終えるまで、さらには現在に至るまで、輝きを失うことはなかった。

 一方、180度V型12気筒4.9リッターのティーポF113Aエンジンと、今となっては懐かしいシフトゲートつき5速マニュアルトランスミッションの組み合わせは、ダイレクトなドライビングプレジャーと爽快な12気筒サウンドを、現代のエンスージアストにもビシビシと伝えてくる。

 そんなテスタロッサは、総計7177台が生産されたといわれるヒット作ゆえに、現在のクラシックカー・オークションにおいてもかなりの頻度で出品されている。

 しかし、クラシックカー/コレクターズカー・オークション最大手のRMサザビーズ社が2021年初の大規模オークションとして開催する「ARIZONA」オークションに出品されるテスタロッサは、この上なくスペシャルにして「アメリカンな」1台なのだ。

 アメリカでは避寒リゾート地として知られているアリゾナ州スコッツデールでは、毎年1月中旬から下旬にかけて複数の有力オークションハウスが結集し、世界のクラシックカー業界の1年を占う競売が大挙しておこなわれている。

 それは、新型コロナウイルス禍の真っただ中にある2021年も変わることなく、「ボナムズ」や「バレット・ジャクソン」、「グッディング&カンパニー」などの大手各社が、インターネットを活用したオンライン型を中心に競売をおこなうことになっているようだ。

 そんな中、RMサザビーズ社はスコッチデール市内の自動車愛好家向け会員制クラブハウス&車両ストレージ施設「OTTO CARCLUB」を会場に、COVID-19感染対策のために入場制限をおこないつつ、メインはオンラインとする大規模オークションを開催することになった。

 その多彩な出品車両たちから、まずVAGUEが注目したのは、ここで紹介するフェラーリ・テスタロッサのスパイダー仕様である。

Gallery:【画像】希少な「テスタロッサ」のスパイダーモデルとは(23枚)