マリナー謹製ベントレー「Bacalar」は、2シーターであることが判明!

ベントレーは、ベントレーマリナー「Bacalar」が1930年以降2台目となる希少な2シーターモデルであることを発表した。

注文製作される希少な2シーターのベントレー

 ベントレーは同社が誇るコーチビルダー ベントレーマリナーが手掛けた新作、ベントレーマリナー「Bacalar」のティザーフォトを公表した。

公開されたベントレーマリナー「Bacalar」のラップアラウンドデザインのイメージ

 Bacalarは、1930年以降のベントレーで2モデル目となる希少な2シーターモデルだ。ベントレーの創立100周年を記念したコンセプトカー「EXP110GT」にインスパイアされたサステナブルな素材と優美なデザインになることが、すでにアナウンスされている。

 今回公開されたティザーフォトを見る限り、2シーターレイアウトになることがはっきりしており、美しいステッチが施された両フロントシートの後方には、ラップアラウンドデザインのコクピットを採用することでラゲッジスペースを確保することがアナウンスされた。さらにそこには、ハンドクラフトされたインテリアに相応しいオーダーメイドのトラベルケースが収納される。

 世界随一の歴史を誇るコーチビルダー ベントレーマリナーの技術者の手によって精巧に組み上げられるBacalarは、胸のすくような最高の喜びをもたらすグランドツアラーになることが予想される。

Gallery:【画像】マリナーが手掛ける「Bacalar」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を見る