実は大本命のベンテイガのハイブリッドモデルが市販スタート

ラグジュアリーカーの代名詞でもあるベントレーから、メーカー初となるプラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」が市販化された。

じつは高級車との相性がいいハイブリッド、ついにベントレーから登場!

 2018年3月に開催されたジュネーブモーターショー2018で発表されたベントレー「ベンテイガ ハイブリッド」の市販モデルが、欧米で販売を開始した。

 価格は14万1100ユーロ(邦貨換算約1650万円)。高級SUVで初となる真のプラグインハイブリッドのベンテイガの中身は、どのようになっているのだろうか。

最高速度254km/h、0−100km/h加速は5.5秒

 ベントレーは創業100周年となる2019年に、ベントレー初となるプラグインハイブリッドモデル、ベンテイガ ハイブリッドの販売をスタートした。

 ベンテイガ ハイブリッドには高度で効率的な電気モーターが備わる。このモーターは、最高出力126馬力を発揮し、400Nmのトルクを発生する。

 組み合わされるエンジンは、新たな3リッターのV型6気筒ターボチャージャー。このエンジンとモーターとの複合トルクは700Nmになり、最高速度254km/h、0−100km/h加速は5.5秒だ。

 ベンテイガ ハイブリッドには、「EVドライブモード」、「ハイブリッドモード」、「ホールドモード」の3つの走行モードが設定されている。

 EVドライブモードでは、バッテリーからの電力でモーターを駆動し、モーターのみの走行となる。

 ハイブリッドモードでは、ナビゲーションシステムからの情報を得て、位置情報などからモーターとエンジンの最適な組み合わせが自動的に割り出され、もっとも効率的のよい走りを提供する。

 ホールドモードではエンジンとモーターがバランスよく使われる。たとえば都市部に入った際など、あとからモーターが使えるようにバッテリーの残量を調整。ちなみにすべてのモードで、回生ブレーキによりバッテリーに電気を蓄えるようになっている。

 航続可能距離は747km、1回の充電でEVで走行できる距離は、WLTP(乗用車等の国際調和排出ガス/燃費試験法)で39km、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で51km。燃費は34.3km/Lで、CO2排出量はわずか79g/kmと、既存のベントレーラインナップのなかでもっとも環境に優しいモデルだ。

 ベンテイガ ハイブリッドは、英国クルーの工場でハンドメイドで組み立てられ、1台を仕上げるのに最低でも130時間を要する。

 ベントレーのような重厚なラグジュアリーカーに求められる静粛性や発進加速には、以前からモーターとの相性がよいことがわかっている。その意味において、ベンテイガ ハイブリッドは大本命の高級SUVといえるだろう。

Gallery:【画像】ベントレーとしてはバーゲンプライスのベンテイガ ハイブリッドの全容はこちら(11枚)