7人乗り登場! 「グランドチェロキー」がデザイン一新してラグジュアリーに生まれ変わった

全面刷新されたジープ「グランドチェロキー」が、本国アメリカで発表された。5代目のグランドチェロキーでは、ついに3列シートモデルがラインナップされた。

2列目/3列目シートは、どうなっている?

 今回発表されたグランドチェロキーは、3列シートのグランドチェロキーLであったが、どのようにして後部座席の空間を確保したのだろうか。

6人乗り仕様のジープ「グランドチェロキーL」のインテリア

 グランドチェロキーLのホイールベースは、3091mmとなり、2列目はクラストップレベルの広いレッグルームを実現している。

 また、後部座席に乗降しやすいように、2列目のドアの開口部が、先代よりも広くなっているのもポイントだ。2列目のドアは64度開き、サイドステップを備えることでアクセスし易くなっている。

 2列目は、標準で独立したキャプテンズシートが用意され、この場合は6人乗りとなる。オプションのベンチシートを選択すると、7人乗り仕様となる。また、2列目は前後に180mmのスライドが可能だ。

 さらに2列目シートは18度のリクライニングが可能となっており、快適性も向上している。

 3列目にはパワーフォールディングシートが装備されており、ヘッドルームは947mm確保されており、ゆとりある空間となっている。3列目シートは50:50の分割可倒式で、ラゲッジルーム側からも簡単に折りたたむことが可能だ。

 1列目シートは、メモリーとランバーを備えた16Way調整機能付きシートが、オーバランドとサミットに標準装備。3段階の強さで5つのプロファイルをカスタマイズできるシートバックマッサージは、オーバーランドに設定、サミットに標準装備となる。

 1列目と2列目のシートヒーターは、3段階調整が可能で、リミテッド、オーバランド、サミットに標準装備される。1列目のベンチレーテッドは、リミテッドに設定され、オーバーランドとサミットに標準装備、2列目のベンチレーテッドは「サミット リザーブ パッケージ」に標準装備となる。

 肝心の悪路走破性に関しては、3つの4×4システム(Quadra-Trac I、Quadra-Trac II、eLSD付きQuadra-Drive II)を装備しており、まったく抜かりはないグランドチェロキーLだが、多彩なシート調整機能やインテリアの洗練されたデザインも相まって、さらにプレミアム感が高まったようである。

 日本市場への導入が期待される1台となることは間違いないだろう。

クライスラー・ジープ・ジープ・グランドチェロキー の中古車をさがす

Gallery:【画像】高級感マシマシの「グランドチェロキーL」とは(16枚)