従来モデルより25馬力アップ! コンパクトSUV「DS3クロスバック」に特別仕様車登場

グループPSAジャパンは2021年1月6日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3 CROSSBACK(DS3クロスバック)」に、シリーズ最高出力となる155psのエンジンを搭載した特別仕様車「DS3 CROSSBACK PERFORMANCE Line(DS3クロスバック パフォーマンスライン)」を追加し、発売した。

155ps・240Nmのハイチューン1.2リッターターボエンジンを搭載

 グループPSAジャパンは2021年1月6日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック」に、シリーズ最高出力となる155psのエンジンを搭載した特別仕様車「DS3クロスバック パフォーマンスライン」を追加し、発売した。

特別仕様車「DS3クロスバック パフォーマンスライン」。写真のボディカラーはグリ プラチナム/ノアールペルラネラ

 DS3クロスバック・パフォーマンスラインに搭載される1.2リッター直列3気筒ターボエンジンは、ハイパフォーマンスラインの名前にふさわしく、最高出力155ps/最大トルク240Nmのハイチューンバージョンだ。これは通常モデル比でプラス25psとプラス10Nmとなっている。

 エンジンマッピングの変更だけにとどまらず、ターボチャージャー、インジェクター、排気バルブ、コネクティングロッドのベアリングなどが専用設計となっており、ダイナミックな動力性能を味わうことが可能だ。なお、この155psエンジンは、グループPSAのコンパクトプラットフォーム「CMP」搭載のエンジンで、もっともハイパワーな仕様となる。組み合わされるトランスミッションは8速AT(EAT8)で、前輪を駆動する。

 インテリアとエクステリアには、2019年・2020年にフォーミュラE で2年連続ダブルタイトル(チーム&ドライバー)を獲得した「DS TECHEETAH Formula E チーム」由来のスポーティなエッセンスを注ぎこみ、DS3クロスバックならではのフレンチラグジュアリーとたくみに融合させている。

 フロントグリルに設置されたDSウイングのクロームをマットブラックに、リアガーニッシュはブリリアントブラック仕上げとし、オニキスブラックの18インチ”MONZA”ホイールなど、異なる質感と表情を持つ黒を組み合わせは、スポーティでありながらエレガンスを感じさせる仕上がりだ。

 また、ダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンタラをあしらい、レーシーな雰囲気をそれぞれに付加。さらにステアリングホイール、ダッシュボード、ドアトリムなどのステッチは、パフォーマンスラインのイメージカラーであるカルマン(カーマインレッド)とゴールドに統一し、特別感を演出する。

 その他ADAS(先進運転支援システム)などは、DS3クロスバックのグランシック・グレードに準拠しており、車両価格は436万円(消費税込)。ボディカラーはグリ プラチナム/ノアールペルラネラとブラン パールナクレ/ノアールペルラネラの2色となる。

シトロエン・DS3 の中古車をさがす

Gallery:【画像】ハイパワーの特別仕様車「DS3クロスバック パフォーマンスライン」を画像で見る(15枚)