よく曲りよく走る! 2021年注目の運転が楽しいクルマ3選

感性に訴えかけるクルマを文学的に読み解くモータージャーナリスト嶋田智之氏が、2021年に運転してみたいクルマのベストスリーを選出。キーワードは、ドライブそのものを楽しめるクルマだ。

イタリアの情熱がほとばしるジュリアとは?

 操る愉しさに加え、クルマに“パッション”を求めるのならイタリア車ほど適任のクルマはない。そうしたイタリア車の中で、2021年に最注目のクルマといえばアルファ ロメオ「ジュリアGTA/GTAm」しかない。

●第1位:アルファ ロメオ「ジュリアGTA/GTAm」

「ジュリア クアドリフォリオ」のさらに先にあるポテンシャルに思いを巡らせただけでワクワクさせられるアルファ ロメオ「ジュリアGTA/GTAm」

 2020年はアルファロメオの創立110周年となる年だった。その節目に発表された「ジュリア・クアドリフォリオ」をベースにするGTA/GTAmの市販に向けた開発は、どうやら順調に進んでる模様。

 アルファ ロメオF1チームのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョヴィナッツィのテストをしている様子が、アルファ公式YouTubeで公開されてたりもする。

 クアドリフォリオのエンジン・パワーを30ps上乗せし、車重を100kgほど軽くしたことで計算上+35ps相当、つまり合計+65psの575ps相当に。クアドリフォリオはただでさえ速いんだから、めちゃっ速でしょ。

 脚ももちろんチューンされてるんだろうけど、前後のトレッドが50mmずつ拡大されて事実上のショートホイールベース化だっておこなわれてる。クアドリフォリオはただでさえシャープな運動性能を持ってるんだから、切れ味さらに鋭くなっちゃってるでしょ。……と、気持ちのなかには期待感しかない。乗ってみたくない人なんて、いないでしょ?

Gallery:【画像】嶋田サン注目!! 2021年運転が愉しいクルマ3選(30枚)