よく曲りよく走る! 2021年注目の運転が楽しいクルマ3選

感性に訴えかけるクルマを文学的に読み解くモータージャーナリスト嶋田智之氏が、2021年に運転してみたいクルマのベストスリーを選出。キーワードは、ドライブそのものを楽しめるクルマだ。

スポーツSUVから原点回帰のクルマまで。どっちも運転が愉しい!

 モータージャーナリスト嶋田智之氏が2021年に試乗したいクルマのベストスリーを選んでもらった。選出された3台に共通するのは、「クルマを操る愉しさ」満載であること。

 自動運転が当たり前になってしまうかもしれない近未来。しかし、クルマを操る愉しさはきっとなくならないはず。2021年のカーライフのパートナーとしてオススメの3台を紹介しよう。

●第3位:アストンマーティン「DBX」

アルファ ロメオ「ステルヴィオ」を超えてきたかもと思える存在が、アストンマーティン「DBX」だ

 しばらく前はSUVにあまり興味がなかった僕だけど、それは動きが鈍くて眠たいクルマが多かったから。

 よく走りよく曲がるモデルが増えた今では、セダンやステーションワゴンと同じで嫌いじゃない。日常的な利便性と走る楽しさを兼ね備えたスポーツ系SUVは、手元に1台あったらいいな、なんて思うくらい。

 その筆頭はアルファ ロメオ「ステルヴィオ」なのだけど、それを超えてきたかも……と思える存在がアストンマーティン「DBX」だ。

 おそらくダイナミクス性能を作り上げる名人、マット・ベッカーさんのドライブだと思うけど、まだ開発期間中に公開された動画の中で、まるで「ヴァンテージ」であるかのような華麗なスライドとともに曲がっていくクルマの姿勢を見た瞬間から、ずっと興味を引かれてる。SUVなのに、間違いなくモダン・アストンなのだ。

 幸福なことに最新アストンには常に触れてこられたのだけど、巡り合わせが悪くて2020年にはDBXに試乗できなかった。2021年にはぜひ!

●第2位:フィアット「500」

運転することのすべてを教えてくれそうなフィアット「500」

 職業柄ということもあれば個人的な好みもあって、これまで慣れ親しんできたスーパースポーツカーに対する関心は今も当たり前のように持ち続けている。

 けれど、それらはあまりに高性能になりすぎて、然るべき場所に持ち込まない限り持てるパフォーマンスを解き放つことなんてできやしない。

 街中では安楽で快適で、まるで尖ったカタチをした高級乗用車に過ぎない。これってこの先、永遠のジレンマなんじゃない? そんなふうに考えてたときにひさびさに試乗したクラシック「チンクエチェント」が、新鮮な感動を与えてくれた。

 たった18ps。目がさめるほどに遅いのに、ドライバーがしっかり操縦してあげないと上手く走ってくれないし、きっちり操縦すれば見事に応えてくれる。想像を遙かに超えて楽しく走れるのだ。

 途方もなくシンプルななかに大切なモノがたくさん隠れてる予感。なので、2021年はこの稀代の名車にもっと触れてみたい、という欲求が沸々してる今、だ。

フィアット・500 の中古車をさがす

Gallery:【画像】嶋田サン注目!! 2021年運転が愉しいクルマ3選(30枚)