2553万円は高くない!? BMW「M8コンペティション」が持つ究極の二面性

1990年に登場したBMW初代「8シリーズクーペ」からおよそ20年ぶりに復活した現行8シリーズ。日本では2019年7月に登場したのが今回試乗する「M8カブリオレ コンペティション」だ。BMWの量産モデルとしては最強の625ps・750Nmを発生する4.4リッターV8ツインターボを搭載するこのモデルは、究極のスポーツカーでもあり究極のラグジュアリーカーでもあった。自動車評論家こもだきよし氏によるレポートだ。

4.4リッターV8ツインターボはBMW量産モデル最強の625馬力!

 BMW Mモデルは、「公道へと舞台を移した純粋なレーシングマシン」というコンセプトでつくられている。

 8シリーズにも「M8クーペ」、「M8グランクーペ」、「M8カブリオレ」というように3つのボディタイプにMモデルが存在する。

 今回、箱根のワインディングロードで「M8カブリオレ・コンペティション」に試乗することができたので、そのインプレッションをお伝えしよう。

BMW「M8コンペティション」の走り

 まず、車名に付いてくる「コンペティション」とはなんだろうか。これは普通のM8ではなく、さらにパワーアップしたエンジンを搭載するモデルということを意味する。

 4.4リッターV型8気筒で2基のツインスクロールターボチャージャーをVバンクの中に納め、高精度直噴システム、バルブトロニックを組み合わせた、BMWの量産モデルに搭載されるなかでもっともパワフルなエンジンを搭載する。

 普通のM8は600ps/6000rpm、750Nm/1800-5600rpmという最高出力と最大トルクを発揮するが、コンペティションは625ps/6000rpm、750Nm/1800-5860rpmと、高回転側まで太いトルクを維持し最高出力をアップさせている。まさにサーキット走行で威力を発揮するスペックのエンジンなのだ。さらに、強化されたエンジンに合わせてサスペンション、ボディ各部の強化もおこなっている。

 その結果、0-100km/h加速は3.3秒。0-200km/h加速は10.6秒という、身体が弱い人なら耐えられないような強烈な加速力を引き出せる。

 M8カブリオレには、Mモデル固有のダブルバーを備えたキドニーグリル、Mドアミラー、Mライトアロイホイール、Mペダル、M特有のディフューザー付きリアエプロン、ブラッククローム仕上げのデュアルエキゾーストパイプがその効果をさらに高め、アグレッシブなモデルとして印象深くしている。

 ドアを開くと、まずMスポーツシートが目に入る。豪華なシートではあるが、あくまでもスポーティでハードな走行でも身体をしっかりとホールドしてくれる。後席もバックレストが立ち気味ではあるが、一応座れるので乗車定員は4人だ。

 オープンで走ったときに寒くないように、ヘッドレストの下部から首に向けて温風が出るようになっている。冬にはこれとシートヒーターと合わせて使うと快適なドライブができる。

 後席に乗り込むときにイージーなのは、幌を開けてしまうことだ。スイッチを押してから14秒で完全に開けることができるし、同じく14秒で閉めることもできる。これは市街地程度のスピードならば走行中でも可能だ。またクルマの外からリモートコントロール(キー)を使ってルーフ開閉もできる。

ソフトトップは約14秒で開閉可能

 センターコンソールにある赤色のスタート/ストップボタンを押すとエンジンが目覚める。低音のエキゾーストノートが響いて、クルマ好きなら誰もが心が昂るはずだ。

Gallery:【画像】エレガントで筋肉質! 二面性を持ったBMW「M8カブリオレ コンペティション」の魅力を見る(22枚)