VAGUE(ヴァーグ)

ベントレーはすべてのモデルを運転しておきたい!

 筆者の個人的な趣味が大幅に反映されたセレクトとなってしまうのだが、「2021年に乗ってみたいクルマベスト3」という名目の元に、2021年に乗ることができそうなニューモデル、あるいはクラシックモデルから3台を選び出してみた。

●フィアット新型「500」

  • 2021年中に日本上陸を果たすのか現状では不明だが、ぜひ乗ってみたいフィアット新型「500」

 2020年3月にオンラインで世界初公開。フルEVとなることで話題を呼んだフィアットの新型「500」も、2021年に乗ってみたい1台である。

 かつて、数年間にわたってアバルト版の500を愛用していたとともに、公私を問わず頻繁に乗るチャンスのあったフィアット版「ツインエア」の楽しさに狂喜乱舞した経験もある筆者としては、一見したところ大きくは変わっていないかに映る次期チンクエチェントが、どこまで進化を遂げているかに興味は尽きない。

 ただその一方でフィアットらしい、あるいはイタリア車らしい(生産拠点はポーランドなのだが……)フィーリングをもたらしてくれた内燃機関の「鼓動」を喪失することが、果たしてどれだけの感覚的な違いとなるのかについては若干の不安を抱えつつも、やはり乗ってみたいという好奇心が先に立ちそうだ。

 ただし2021年中に日本上陸を果たすのか、現状では不明なのだが、是非とも新時代の「チンクエチェント」を体感してみたいと考えているのだ。

●ベントレー新型「ベンテイガ」

  • V8/W12を問わず、ドライブしてみたいベントレー新型「ベンテイガ」

 2015年9月のデビューから約5年を経た、2020年8月上旬。オンライン上でワールドプレミアとなった、マイナーチェンジ版のベントレー・ベンテイガは、すでに一部の媒体を対象としたクローズドコース限定のテストドライブに供されているものの、残念ながら筆者自身には試乗のチャンスは訪れなかった。

 しかし、まずは生産が開始されたV8モデルから2021年初頭にはデリバリー向けの車両も日本に上陸を果たすことが決定している上に、2020年11月下旬に追加設定のニュースが配信された「ベンテイガ・スピード(W12)」も、おそらく来年中には上陸する可能性が高いことから、いずれかのモデルに乗せていただく機会が出てくるものと信じている。

 V8/W12を問わず、従来のベンテイガをテストドライブした際の印象がかなり良いものであったこともあって、すでにステアリングを握った同業の先輩たち曰く「さらにリファインされた」という新型ベンテイガには、興味津々という以上の期待感があるのだ。

Next裏方であっても、運転できる幸せなクルマとは
Gallery【画像】新型「500」と新型「ベンテイガ」に乗ってみたい!(17枚)

page

RECOMMEND