VAGUE(ヴァーグ)

ビーチでの「甘い生活」にはジョリーが必須

 アメリカやヨーロッパのオークションを訪ねたり、カタログを覗いたりしていると「Ghia Jolly(ギア・ジョリー)」という、まるで遊園地のデコレーションカーや子ども用ペダルカーのごとく可愛いクラシックカーたちに、けっこうな頻度でお目にかかる。

 フィアット「600」や「ヌォーヴァ500」などをベースに、イタリア・トリノのカロッツェリア「ギア」社が少量製作したビーチカー「ジョリー」は、今なお欧米のクラシックカー愛好家に熱烈な支持を受けるとともに、コレクターズアイテムとしても珍重されているのだ。

 今回は、RMサザビーズ社が2020年11月11日−20日にアメリカ本社を拠点に開催した「OPEN ROADS, FALL」オークションに出品した「600ジョリー」と、「500ジョリー」へのオマージュを捧げたレプリカ車を俎上に載せ、そのヒストリーとオークションレビューをお届けしたい。

  • ギア・ジョリーは、イタリアの自動車界では「スピアッジャ(Spiaggia:デッキチェア)」というジャンルで呼ばれる「ビーチカー」の代表格だ(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 ギア・ジョリーは、イタリアの自動車界では「スピアッジャ(Spiaggia:デッキチェア)」というジャンルで呼ばれる「ビーチカー」の代表格である。

 イタリア語のジャンル名が示すごとく、濡れた水着のままでも乗車できるようにラタン(籐)で編まれたデッキチェア状のシートを前後に配し、ルーフはいさぎよくカットオフ。ドアも取り去られた代わりに、まるでレストランやカフェのようなタッセル(飾り房)つきの布製日よけを掛けた、なんとも洒落たクルマである。

 ベースとされたのは、1950−1960年代の欧州製ベーシックカーたち。フィアット600(セイチェント)ベースに始まり、ヌォーヴァ500(チンクエチェント)やルノー「4CV」をベース車として、トリノのギア社ファクトリーで職人たちがハンドメイドで改装した。

 そして、夏のヴァカンス(イタリアではヴァカンツァ)を人生でもっとも大切なものとみなしてきた南ヨーロッパのみならず、西海岸を中心とするアメリカでもけっこうな人気を得たという。

 同じイタリアのカロッツェリアでも、ミケロッティやピニンファリーナ、ベルトーネなどとは違って、大手自動車メーカーのデザインワークや生産業務を充分に受託できていなかったギアにしてみれば、ジョリーのヒットが大きな助けになったことは間違いあるまい。

 ところが1960年代後半になると、ジョリーにとっては最大のマーケットであったはずの北米で雨後のタケノコのごとく現れた、フォルクスワーゲン「ビートル」をベースとする「デューンバギー」たちに、ビーチカーとしての需要を奪われてしまう。

 さらに1967年にカロッツェリア・ギアがデ・トマゾの傘下に入り、結果としてフォードとの関係を深めた(1973年にフォード傘下に移行)したことも相まって、一連の「ジョリー」は終焉を迎えてしまったのである。

●1959 フィアット「600ジョリー」

  • ビーチでのセレブリティの足グルマとして活躍したフィアット「600ジョリー」。モナコのレーニエ三世大公とグレース王妃夫妻も使っていた(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

「ギア・ジョリー」の歴史は、のちにJ.F.ケネディ元大統領夫人だったジャクリーンの再婚相手となったことでも知られるギリシャの海運王、アリストテレス・オナシスが、フィアット600をベースとするビーチカーの製作を、カロッツェリア・ギアに依頼したことから始まったとされている。

 その後、1958年から1966年までにおよそ600台から700台が生産されたセイチェント・ジョリーは、モナコのレーニエ三世大公とグレース王妃夫妻、あるいはジャンニ・アニエッリなど、1950−1960年代を代表するセレブレティたちがこぞって愛用していたことから、ヴァカンスにおける「ドルチェ・ヴィータ」の象徴として、都市部におけるフェラーリやマセラティのごとく、大衆の憧れとなっていたのだ

 このほど「OPEN ROADS, FALL」オークションに出品されたセイチェント(600)ジョリーは、1959年型で初期の633ccエンジンを搭載するフィアット600をベースに製作された1台。この時期では北米仕様のみに装備されていた、大径のヘッドライトを持つ。

 公式WEBカタログによると、新車時にサンディエゴにデリバリーされたのち、長らくカリフォルニア州に生息しているとのことである。

 近年、カリフォルニア州コスタ・メサ「テオ・マイクロカー(Theo’s Microcars)」のエキスパートによって完全なレストレーションが施されたとの由。そのレストアのレベルの高さは、タッセルのついたトップやヤシ繊維製のマット、美しいクロームワークや複雑なラタンのシート、上縁を適切に切り落とされたウインドスクリーン、そしてエンジンコンパートメントの仕上げなどを見ても明らかである。

 この極上コンディションの600ジョリーに、現オーナーとRMサザビーズ社は10万ドル−12万5000ドル、邦貨換算約1030万円−約1290万円という推定落札価格を設定したが、オンライン限定の競売では「No Sale(流札)」に終わったようで、現在でも営業部門による継続販売とされている。

Nextチンクエチェントベースのジョリーも、オリジナルは1000万円!?
Gallery【画像】セレブ御用達の可愛い「ジョリー」とは?(29枚)

page

RECOMMEND