VAGUE(ヴァーグ)

2020年のクリスマス、サンタはベントレーに乗ってプレゼントを配る!?

 誰でも知っている「あの人」が、ベントレーで特別注文の製作を担当するマリナー部門と協力して「空飛ぶ橇」を、より豪華で特別な仕様にアップグレードした。

 その名も「レインディア・エイト(トナカイ8)」。クリスマスシーズンを盛り上げる特別仕様の「フライングスパーV8」である。

  • ベントレーからクリスマスシーズンの洒落の効いたメッセージが届いた

「550馬力の橇に乗るのは、実に楽しいことでしょう。加えて、後ろには私からの贈り物をすべて積むためのスペースがあります。

 私は年末までに、この新しい橇で4100万マイルを走破できるのを楽しみにしています」と、あの髭を蓄えた人が語っているという。そう、トナカイ8をオーダーしたカスタマーとは、紛れもないサンタクロースその人である。

 それではこのワンオフの「トナカイ8」の詳細を見てみよう。エクステリアに深紅のクリケットバブル塗装仕上げが施されているが、これは、エクステンデッドレンジが提供する62色の中の1色である「クリケットボール」をベースに、特別に作成された独特なカラーバリエーションである。

 最大の見所は、フロントエンドのフライングBのマスコットの代わりに備わった3Dプリント製の金色のトナカイであろう。ボディ側面にはV8バッジの代わりにサンタクロースの橇を引く8頭のトナカイを示す、特製「トナカイ8」バッジが装着されている。

 トナカイのマスコットに続くボンネットストリップは、標準仕様ではクロームだが、ゴールドでトリミングし直され、ベントレーのウイングバッジの後ろからは手描きされたピンストライプのディテールが金色に輝いている。

 サンタクロースが途方もない距離を走破するために必要なスピードとパフォーマンスを強調するため、フロントからリアまで、カーボン・ディフューザー、カーボン・サイドシル、ブーツリッド・スポイラーを装備したゴールドスタイリング仕様に仕上げられ、空力性能を最大限に発揮できるようになっている。

 また、金色の22インチホイールと、雪山の交差する峰を表すダイヤモンドフィニッシュを施した「マリナードライビング仕様」のボディサイドが、エクステリアを締めくくっている。カスタマーの主な居住地の寒冷な気候を考慮して、オールシーズンタイヤが装着されている。

 トナカイ8は、フライングスパーの最新モデルがベースとなっており、俊敏性と個性的なパワートレインを搭載、ドライバーに至高のエクスペリエンスを提供するとともに、ひと晩で地球をひと周りするのに不可欠な航続距離の向上を実現しているという。

Next超絶技巧のサンタ仕様のインテリアとは
Gallery【画像】トナカイ仕様のベントレーを見る(6枚)

page

RECOMMEND