ポルシェ911愛好家をも魅了する「718ボクスターGTS 4.0」のメリットとは?【国内試乗】

ポルシェ「718ボクスターGTS 4.0」を男女それぞれの目線で試乗。モータースポーツの世界に割とドップリハマってしまった女子ライダー&ドライバー、小鳥遊レイラちゃんの女性目線と、プロレーサー、テストライダー・ドライバーの丸山浩氏による、オーナー目線で見えてくる718ボクスターGTS 4.0の本質とは。

自分で運転するなら、オープンでも構わない!

 ターボ化、ダウンサイジングが主流の今、自然吸気水平対向6気筒エンジンを搭載したポルシェ「718ボクスターGTS 4.0」は、純粋にエンジンフィーリングやドライビングフィーリングを楽しむための究極の1台かもしれない。そんな運転することを純粋に楽しむ718ボクスターを、女性と男性の目線から試乗してみることにした。

●ドライバーズシートの女性目線インプレ

水平対向6気筒エンジンを搭載し、400psを発揮するポルシェ「718ボクスターGTS 4.0」

 運転する愉しみが盛りだくさんの718ボクスターGTS 4.0。まずドアを開けた瞬間に、ボディカラーと同じパイソングリーンをしっかりと差し色に使ったインテリアに驚かされました。かなりの贅沢感があって、乗り込んだだけでワクワクさせてくれます。こういった演出は、さすがポルシェですね。

 今回は久しぶりのマニュアル車となりましたが、やっぱり楽しい! ビッグパワーのマニュアルトランスミッションということで、発進がギクシャクするのではと少し心配していましたが、予想に反してスッと滑らかにスタートできました。操作フィーリングも良好で、「スポーツカーを操っている!」という充実感が楽しめました。

 屋根が開くオープンカーであることも、スポーツムードを高めてくれます。体で風を感じられるのは私のようなバイク乗りにとってはうれしいし、迫力のあるエキゾーストノートをリアルに感じられるのも大きな長所です。

 正直、オープンで走ると日差しが眩しかったり髪の毛がバタついたり排気ガスが臭かったりして、とくに助手席の女性にとっては大変なことが多いんです。でも、いざ自分が運転するとなると、やっぱり屋根を開け放ちたくなります。

 それに、オープンカーを所有するって、憧れですよね。ポルシェ718ボクスターGTS 4.0は2シーターですから、この1台ですべての用途を満たすことはできません。ということは、2台目、3台目のクルマとして購入するのが一般的なのかもしれません。贅沢なスポーツカーである上に、さらにリッチな雰囲気が加わってきますね。

 さて、リッチかどうかは別として、ポルシェの中でもあえてオープンカーを選ぶということは、クルマにかなりの趣味性を求めるということの現れでしょう。

 エクステリアもインテリアも隙なくカッコよくて、操る楽しさを存分に味わえるMTで、しかも風と排気音をダイレクトに感じられるオープンカー。スポーツカーを楽しむという趣味性を満足させる1台だと思います。

Gallery:【画像】オープン前提で乗りたい「718ボクスターGTS 4.0」とは(13枚)