絶版アメリカ車のオーナーに朗報 横浜ゴムからホワイトリボンタイヤが発売

横浜ゴムは、ヒストリックカー向けホワイトリボンタイヤ「RADIAL 360 STEEL(ラジアル360スチール)を2020年3月5日から発売する。

クラシカルなパターンとデザインのホワイトリボンタイヤ

 横浜ゴムは、ヒストリックカー向けホワイトリボンタイヤ「RADIAL 360 STEEL(ラジアル360スチール)」を2020年3月5日から発売する。

 発売サイズはP215/65R16 96S、P205/75R15 97S、P215/75R15 100S、P225・70R15 100Sの全4サイズとなる。

ヨコハマ「ラジアル360スチール」を装着したシボレー「コルベット C2」

 ラジアル360スチールは、クラシックなパターンのデザインとサイドデザインに加えて、サイドウオールに施したホワイトリボンが特長で、レトロ感あふれるルックスが、ヒストリックカーをより当時の雰囲気へ導く。

 今回発売する4サイズは、ゼネラル・モーターズのシボレー「コルベット」「シェベル」、ポンティアック「ファイヤーバード」など、1960年から1970年代のアメリカ車などに最適な商品となっている。

 またヒストリックカーだけでなく、カスタム用としてスズキ「ジムニー」など、現代のクルマにも装着可能で、クラシックスタイルを楽しむこともできる。

 2020年1月におこなわれた「東京オートサロン2020」のヨコハマブースでは、このタイヤを装着したコルベットC2が出展され、来場者から注目を集めていた。

 横浜ゴムは、中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」のタイヤ消費財戦略に置いて「ホビータイヤ戦略」を掲げ、レースやヒストリックカー、オフロードなどあらゆる自動車ユーザーの趣味に対応する新商品の開発と、既存商品のサイズラインナップ拡充を進めている。

Gallery:60'sアメリカンの足元を引き締める ホワイトリボンタイヤを画像で見る(13枚)