VAGUE(ヴァーグ)

新車の開発と並行して開発するのがメーカー承認タイヤ

 タイヤには、クルマの重量を「支え」、エンジン出力やブレーキなど駆動力・制動力を路面に「伝え」、路面からの衝撃を「やわらげ」、方向を「転換する」という重要な役割を持つ。これらはタイヤの4大機能と呼ばれるもので、クルマのスポーツ性やコンフォート性能にも大きく関わってくる大切なパーツだ。
 
 だからこそ、自動車メーカーはタイヤメーカーと共同で新車開発をおこなっている。そうして登場した新車には、自動車メーカーが承認した、いわば新車装着タイヤ(純正タイヤ)が装着されている。これは一般的に「OEMタイヤ」「OEタイヤ」などと呼ばれる。

 それに対して、タイヤショップやカー用品店で販売されているタイヤは「REタイヤ」「リプレイスタイヤ」と呼ばれることが多い。

  • ランボルギーニ「ウラカンEVO」の承認タイヤには「L」という記号が書かれている

 自動車メーカー承認タイヤには、独自のマークが付いていることがある。とくに輸入車の場合、承認マークが付いていることが多い。
 
 タイヤのサイドウオールをよく見てみると、ポルシェの新車装着タイヤには「N0」「N1」「N2」「N3」などのNマーク、BMWやMINIは「★(スターマーク)」、メルセデス・ベンツは「MO」(メルセデス・オリジナル)など、アウディは「AO」(アウディ・オリジナル)や「RO」、ボルボは「VOL」、フェラーリは「F」などが刻まれている。またルノーはルノー・スポールモデルのみ「R.S.」マークが入っている。

 これは、新車装着されたタイヤのメーカーがミシュランでもグッドイヤーでも、ブリヂストンでもBMW車ならば「★」、メルセデス・ベンツ車ならば「MO」と同じ承認マークが入る。

 ただし、輸入車の新車装着タイヤには必ずこの承認マークが入っているというわけではない。たとえばフォルクスワーゲンの新車装着タイヤには、このマークが入っていない。

 タイヤは走行距離に応じて摩耗していくもの。それではタイヤを交換する際、新車で装着されていたのと同じタイヤを選んだほうが良いのか、それとも市販のタイヤのほうが良いのか。そして両者にはどのような違いがあるのだろうか? タイヤメーカーのブリヂストンに話を聞いた。

「新車に純正装着されているタイヤは、『そのクルマの特性に合ったタイヤ』になっています。自動車メーカーが新型車を開発するにあたり、その車両の特性、キャラクターに合わせたタイヤをメーカーからの要請を受けて開発・提供しています。

 多くの場合、車種ごとに少しずつ違った仕様のタイヤになっています。たとえば同じサイズで同じブランドのタイヤでも、他の車種に装着するとフィーリングが変わってしまうこともあります」とのことだ。
 
 ブリヂストンの広報担当は続ける。「市販タイヤの場合は、いろいろな車種に装着されることが前提ですので、どのクルマに装着してもマッチングが取れるような仕様にしています。そのなかでお客さまのカーライフに合わせたタイヤを選んでいただきたいと考え、さまざまなタイヤをラインナップしています。

 たとえばスポーティなドライビングを楽しみたい方には、グリップ性能やハンドル操作のレスポンスに長けたPOTENZA(ポテンザ)を、また快適な車内空間を求められる方にはREGNO(レグノ)を用意し、走行時の静かさや乗り心地を提供しています」とコメントした。

Nextタイヤ交換をする際は自分の求める性能をよく考えて選びたい
Galleryこれって何?新車装着タイヤに付いている「謎のマーク」を画像で見る(15枚)

page

RECOMMEND