VAGUE(ヴァーグ)

さまざまなランボルギーニからインスパイアされた究極の1台

 2020年12月16日、ランボルギーニ・スクアドラコルセは、公道走行が可能なオープントップのトラックカータイプのモデル「SC20」を発表した。

 デザインはチェントロ・スティーレが担当。スクアドラコルセが開発した2台目のワンオフモデルの誕生だ。

  • 公道走行が可能なオープントップのトラックカータイプのモデル「SC20」

 SC20は、究極のデザインとパフォーマンスを兼ね備えたモデルだ。かつてないラインと独自のディテールに加え、レースで得た空力デバイスとノウハウが取り入れられている。

 チェントロ・スティーレのデザイン責任者であるミィティア・ボルケルト氏は、次のようにコメントした。

「2年前の『SC18アルストン』を経て手がけたSC20は、新たな興味をそそる挑戦でした。主なインスピレーションの源は『ディアブロVTロードスター』『アヴェンタドールJ』『ヴェネーノ・ロードスター』『コンセプトS』であり、その結果、創造性とレーシングアティテュードが劇的に融合した1台になりました」

 ボディは、カーボンファイバー製となり、ランボルギーニの空力エンジニアが手作業でポリッシュ仕上げとスリックダウンして仕上げた結果、パフォーマンスの向上だけでなく、高速走行時にも快適なオープンエアドライビングを実現している。

 特徴的なフロントスプリッターは、2つのフィンで縁取られ、フロントフードのエアインテークは「ウラカンGT3 EVO」にインスパイアされたものだ。またボディサイドは「エッセンサSCV12」に採用されたソリューションが反映されている。

 リアセクションは、3つの異なるポジションに設定可能な大型カーボンファイバー製ウイングで覆われている。

 SC20は、ホワイトをベースにしたボディカラーにブルーのカラーリングを施した、エクスクルーシブなディテールが際立っている。インテリアもこれと同じ色調となり、ブラックとホワイトが交互に配色されている。

 パッセンジャー・コンパートメントに目を遣ると、モノコックに加えてダッシュボード カバー、リアウォール、ドア パネル、センターコンソール、ステアリングホイール トリムにもカーボンファイバーが用いられている。

 また、シートはアルカンターラやレザーが用いられ、シートシェルにはカーボンファイバーを使用し、軽量化が図られている。一方、ドアハンドルはアルミ削り出しだ。さらにエアベントは、3Dプリント技術を使って、サンタアガタ・ボロネーゼのファクトリーで製作されている。

Nextカスタマーの意見を取り入れた「SC20」
Gallery【画像】ランボルギーニのワンオフモデル「SC20」をチェック(31枚)

page

RECOMMEND