VAGUE(ヴァーグ)

EV走行距離は最大50kmのプラグインハイブリッド

 独フォルクスワーゲン(VW)は2020年12月15日、改良新型「ティグアン」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「ティグアンeハイブリッド」を追加、プリセールスを開始した。

  • VW改良新型「ティグアン」に追加されたPHEVモデル「ティグアンeハイブリッド」の走り

 ティグアンeハイブリッドは、1.4リッター直列4気筒ガソリンターボエンジン「1.4TSI」に電気モーターを組み合わせる最新世代のPHEVシステム「eハイブリッド」を搭載。このパワートレインは新型ゴルフやパサートのPHEVと同等で、システム最高出力245ps、システム最大トルクは400Nmを発生する。

 ハイブリッドモードではエンジン出力を電気モーターがアシスト、発進時や中間加速時などで鋭いトルクを発揮する。またブレーキ回生によりバッテリーを充電、エンジンによる発電をおこなうことなく長距離走行をカバーする。

 またドライバーはドライブモード「GTEモード」を選択することで、電気モーターとTSIエンジンの出力によるダイナミックな走りを得ることができる。

 バッテリーが十分に充電され、かつ気温がマイナス10度以上の場合は、電気モーターのみでのEV走行が可能だ。EV走行は時速130km/hまで可能で、WLTCサイクルでのEVモード航続可能距離は最大50km。これは、ほとんどすべての日常での走行をカバーできる距離となる。

 ティグアンeハイブリッドのドイツでの基本価格は、4万2413.11ユーロ(日本円で約535万円。16%のドイツ付加価値税含む)だ。

 装備ラインは「ライフ」「エレガンス」「R-Line」の3つの装備ラインから選ぶことが可能だ。ベースのライフでも、デジタルコックピットや3ゾーンオートエアコン、6速DSG用パドルシフト付き本革マルチファンクションステアリングホイール、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、フロントアシスト(自律式緊急ブレーキ)、フロント&リアパークディスタンスコントロール、17インチアルミホイールなどが標準装備される。

※ ※ ※

 ティグアンは2019年、ヨーロッパでもっとも販売されたSUVで、35秒ごとに1台が生産ラインを離れたという、いままでのVW車の新記録を作ったベストセラーモデルだ。

 初代ティグアンは2007年のフランクフルト・モーターショー(IAA)で世界初公開され、2011年にジュネーブショーで改良新型を発表。このとき登場した改良新型ティグアンは、年間販売台数が初めて50万台を突破したという。

 2015年9月には開催されたIAAでは2代目ティグアンが世界初公開、2016年4月から販売を開始した。2017年には「ティグアン・オールスペース」という車名のロングホイールベースバージョンがデビューしている。

 ティグアンは、2019年には91万926台が生産されている。この数字は、初代ティグアンの1年目の生産台数と比べると、およそ8倍に増加しているという。

 2020年7月にはマイナーチェンジをおこなった。ティグアンeハイブリッドは、その改良新型ティグアンに追加されたPHEVになる。

GalleryVWの電動化攻勢! PHEVの「ティグアンeハイブリッド」をチェック(14枚)

RECOMMEND