VAGUE(ヴァーグ)

大排気量でも自然吸気でブンブン回していた時代

 燃焼効率の高さを求めた小排気量ターボエンジンが主流となりつつあるいま、大排気量NA(自然吸気)エンジンの愉しさを実感した経験を持つ人も減ってきている。

 というよりも、クルマを運転することに愉しさを求めるというのが、すでに古い考え方なのかもしれない。

 しかし、である。運転しているクルマがよくできたものなら、たとえ渋滞中や、街中をゆっくり走っているときであっても、運転そのものに愉しさを覚えるはずである。

 その愉しさの大きなポイントのひとつは、エンジンにあるだろう。エンジンの回転数によって変化するサウンドやパワーデリバリー。モーターでは得られない個性を感じられるエンジンの魅力は、わかる人にはわかるはずだ。

 電子制御されてはいても、燃焼によって膨張したガスの力を利用するという、いわば原始的な部分が人の野生を呼び起こすのかもしれない。

●2002 BMW「Z8」

  • 映画『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』では、ボンドカーとして登場したBMW「Z8」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 エンジンを製造するカーメーカーのなかで、昔から高評価を得ているのがBMWだ。

 第一次世界大戦当時から航空機用エンジンを製造していたBMWは、その後オートバイの分野に進出。第二次世界大戦後には自動車の分野に進出し、数々の名機といわれるエンジンを開発し、モータースポーツの世界でも数多くの勝利を手にしてきた。

 そんなBMWが、2000年前後にMモデルに搭載していたのが、5リッターV型8気筒自然吸気──S63B50型エンジンである。

 94.0mm×89.0mmというショートストロークのこのエンジンは、最高出力400psを6600rpmで、最大トルク500Nmを3800rpmで発生する。

 このスペックを現代のエンジンと比較してみてほしい。ピストンやクランクがはるかに軽い2リッター程度のエンジンですら、最高出力を発生するのはせいぜい7000rpm程度だ。ひと昔前なら、9000rpmまで回るエンジンも存在したが、いまは6000rpmを超えると高回転といわれる時代である。

 V型8気筒のS63B50型エンジンが、いかに高回転型ユニットであったかがわかるだろう。

Next「Z8」と「M5」、気になる落札価格は?
Gallery【画像】同じエンジンなのにまったくキャラクターの違う2台のBMWとは(25枚)

page

RECOMMEND