495万円から「レンジローバー・イヴォーク」2021年モデル発売開始。ドライバー支援システムを標準装備

「レンジローバー・イヴォーク」の2021年モデルは、ドライバー支援システムが標準装備され、安全性・利便性・快適性が向上した。さらにエンジンは2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンが追加された。

新色が2色も追加された「イヴォーク」2021年モデル

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリー・コンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」の2021年モデルの受注を、2020年12月11日(金)より開始した。

「レンジローバー・イヴォーク」の2021年モデルは、ドライバー支援システムが標準装備され、さらにエンジンは2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンが追加

 2021年モデルのレンジローバー・イヴォークには、従来の最高出力180psから204psにアップした、最大トルク430Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンが加わった。マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)も採用されており、燃費向上も図られている。

 さらに最新インフォテインメント・システム「Pivi」も標準装備となった(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランが用意され、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用することができる。

 また、イヴォークで世界初採用したClearSight グラウンドビュー(前輪のすぐ前方エリアの映像を車内中央のタッチスクリーンに表示し、フロント下180度の視覚を確保)に加え、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターといったドライバー支援システムが標準装備となった。

 新たに用意されたオプションには、多機能な空気浄化システムが挙げられる。これは、車外の空気の状況や車内の二酸化炭素量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させ、エアコン動作時にマイナスイオンを発生。またPM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなどして、車内環境を常にクリーンに保ってくれるシステムである。また、アプリを介してリモートでエアコンを作動させて車内の空気の入れ替えも可能となった。

 ボディカラーは新たに2色が加わり、全11色となった。

 ボディカラーは次のとおり。ポルトフィーノブルー(新色)、ランタオブロンズ(新色)、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、フィレンツェレッド、ソウルパールシルバー、ノリータグレイ、アイガーグレイ、カルパチアングレイ、シリコンシルバー。

 2021年モデルのイヴォークの車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

・レンジローバー・イヴォーク D200:574万円
・レンジローバー・イヴォーク S D200:636万円
・レンジローバー・イヴォーク R-DYNAMIC S D200:670万円
・レンジローバー・イヴォーク R-DYNAMIC SE D200:742万円
・レンジローバー・イヴォーク P200:495万円
・レンジローバー・イヴォーク S P200:563万円
・レンジローバー・イヴォーク SE P200:635万円
・レンジローバー・イヴォーク R-DYNAMIC S P250:638万円
・レンジローバー・イヴォーク R-DYNAMIC SE P250:712万円
・レンジローバー・イヴォーク R-DYNAMIC HSE P250:769万円

ランドローバー・レンジローバーイヴォーク のカタログ情報を見る

Gallery:【画像】「レンジローバー・イヴォーク」の2021年モデルで標準となった装備を見る(13枚)