新型シボレー「カマロ」登場! 2021年モデルは通信ナビを標準装備

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年12月10日、スポーツクーペのシボレー「カマロ」に、クラウドストリーミングナビを搭載した最新モデルを発表、12月11日から注文受付を開始した。納車開始は2021年1月の予定だ。

最新の地図を常にストリーミング

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は2020年12月10日、スポーツクーペのシボレー「カマロ」に、クラウドストリーミングナビを搭載した最新モデルを発表、12月11日から注文受付を開始した。納車開始は2021年1月の予定だ。

シボレー「カマロ」。全グレード左ハンドルとなる

 標準搭載されたクラウドストリーミングナビとは、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同で開発したDR(自律航法)マップマッチング対応の完全通信車載ナビゲーションで、トンネルなどGPSが即位できない環境でも自立航法をおこなうことができる。

 また最新の地図をストリーミングすることで、ルート案内やオンラインフリーワード検索を快適に使用することができる。

 またセンターコンソール後部に、新たにスマホのワイヤレスチャージング機能が標準装備された。

 車両価格(消費税込)は以下のとおり。

・シボレー カマロ LT RS 556万円
(2リッター直列4気筒DOHCターボ搭載)
・シボレー カマロ コンバーチブル 644万円
(2リッター直列4気筒DOHCターボ搭載)
・シボレー カマロSS 710万円
(6.2リッターV型8気筒OHV搭載)

 なお、このサービスはGMジャパンの車両に搭載された専用端末機器からクラウドストリーミングナビサーバーへのアクセス、およびナビゲーションにおける地図情報と交通情報を提供するサービスになり、ソフトバンクが運用する4G通信網による電気通信サービスを利用して提供されるため、正規ディーラーでの新規利用申し込みが必要となる。

シボレー・カマロ の中古車をさがす

Gallery:【画像】アメリカの象徴スポーツカー! シボレー「カマロ」を画像で見る(16枚)