VAGUE(ヴァーグ)

バブル時代を象徴する2台のメルセデス・ベンツ

 1980年代後半から1991年にかけて、日本はバブル景気のまっただ中にあった。

 そのころ、一時銀座で仕事をしていた筆者は、お客さんにひと粒5000円というイチゴを食べさせてもらったことがある。念のためにいっておくが、ひと箱ではないです。ひと粒です。正直、美味しかったが、5000円という味だったかどうかは、覚えていない。

 そんな夜の銀座、並木通りに路上駐車していたのは、圧倒的にメルセデス・ベンツが多かった。会社の接待などで銀座にくる人は、黒塗りのハイヤー。個人で遊びにくる人は、メルセデス・ベンツのW124型「300E」、お姉さまがたは「300CE」を路上駐車し、いろいろなお店のポーターさんが、そのクルマをちょこちょこ動かす、などというのが日常風景となっていた。

  • バブル時代に一世を風靡した2台のメルセデス・ベンツ。「500E」と「190E 2.5 コスワース」(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 一方、客層が若い六本木では、同じメルセデス・ベンツでもW201型、いわゆる「190E」がやたらと走っていた。メルセデス・ベンツとしてはじめて、日本の規制でいうところの5ナンバー枠に収まるクルマだった190Eは、それまでの重厚長大なイメージではない、スポーティさを持ち合わせていた。当時の自動車税は、3ナンバーになると、途端に金額が跳ね上がるというシステムとなっていた。それもあってか、BMWのE30型「3シリーズ」とともに、ドイツ車ブームの牽引役となっていた。

 そのころ、筆者の実家にはW123型、つまり当時の現行モデルであるW124型のひとつ前の型となる、メルセデス・ベンツ「Eクラス」があった。グレードは「300D」。ターボチャージャーなしの、ディーゼルエンジン搭載モデルである。

 このクルマは、凄かった。なにが凄いって、アクセルを踏んでもとにかく前に進まないのだ。ターボチャージャーなしのディーゼルは、トルクはそこそこあるが、回転数はせいぜい4000rpmまで回るかどうか、というもの。高速道路では、ベンツがきたという感じで前のクルマがよけてくれるのだが、アクセルを全開にしてもなかなか加速をせず、黒煙を噴くばかりで結局抜けない、なんていうことがしょっちゅうだった。

●1992 メルセデス・ベンツ「500E」

  • いまなお人気モデルであるW124。そのなかでも「500E」は特別な1台だ(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 そんな状況に飽き飽きしていた筆者は、1991年、W124型「500E」が発売されたとき、父親に買い替えを進言し、ひと言のもとに拒絶されている。

 この500Eというモデルは、W124のボディにR129型「500SL」に搭載されていたM119型、5リッターV型8気筒エンジンを搭載したもの。その開発にはポルシェが深く関わっていて、製造の一部もポルシェの工場が請け負っている。

 外観は基本的にW124型から変化はないが、フェンダーはわずかにワイド化されているほか、前後のバンパーは専用品を装備。もちろんエンブレムは「500E」となってはいたが、それを外してしまえば、パッと見は300Eなどとの違いが小さいために「これが大人のスポーツセダンよ」などといって、父親を口説いていた。

 考えてみれば、拒絶されたのは当たり前だ。500Eの新車価格は、1500万円オーバーである。1991年の1500万円といえば、いいところのマンションが買える値段であったのだ。

Next「500E」と「190E 2.5」の気になる落札価格は?
Gallery【画像】基本設計の高さが伺える2台のメルセデス・ベンツ(26枚)

page

RECOMMEND