VAGUE(ヴァーグ)

フィアットが世に問うたピープルムーバーとは

 クラシックカー/コレクターズカーのオークション業界最大手のRMサザビーズ社は、北米インディアナ州エルクハートにて2020年5月に開催するはずだった大規模オークション「THE ELKHART COLLECTION」を、予定から約半年の延期に相当する10月23日から24日に延期。

 厳重なCOVID-19感染対策に基づく対面型と、リモート入札の併催でおこなうことになった。

 2輪/4輪合わせて280台を超える自動車が集められたこのオークションでは、主に第二次大戦後に生産されたアメリカやヨーロッパ、あるいは日本車も含む名車・希少車たちが勢ぞろいした。そんななかで今回VAGUEでは、旧き良きフィアット3台をセレクト。注目のオークションレビューをお届けしよう。

●1958 フィアット「600ムルティプラ」

  • 現在では定石となっている1BOX/3列シートのピープルムーバーの先駆けともいえるフィアット「600ムルティプラ」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

「THE ELKHART COLLECTION」でまず注目したのは、個性あふれる可愛いデザインで世界的な人気車となっているフィアット「600ムルティプラ」である。

 1956年1月にブリュッセル・モーターショーで公開された600ムルティプラは、現在では定石となっている1BOX/3列シートのピープルムーバーの先駆けともいえる、極めて画期的かつアイコニックなモデルだった。

 1955年に登場し、のちにイタリアの国民車となった「600ベルリーナ」をベースに、全高を約20cmかさ上げ。運転席・助手席をフロントアクスルの上に置く「フォワードコントロール」とし、ルーフをフロントエンドまで延長するという、大規模なモディファイが施された。

 また、助手席側には後席にアクセスするためのドアを設置。一方でリア廻りのスタイリングに変更はなく、テール周辺の意匠はあえて600ベルリーナと共通するものとされていた。

 このユニークな元祖小型MPVは、小型ながら最大で6名の乗車を可能としたことから、まだ大家族主義を謳歌していたイタリアでは大ヒットを博した。

 また、イタリアをはじめとするヨーロッパではタクシーとしても重用されたほか、テールエンドをもっと箱っぽく改装した商用バージョンも製作された。

 エンジンは水冷直列4気筒OHVで、初期モデルでは排気量633cc。1960年には、600ベルリーナとともに767ccのエンジンを搭載するなどのマイナーチェンジが実施された改良型の「600Dムルティプラ」に移行。1966年まで生産されたといわれている。

 今回の「THE ELKHART COLLECTION」に出品されたムルティプラは、633cc時代の初期モデル。600/600Dともにコンディションのよい個体であれば、ひと頃は1000万円近い価格で取り引きされることもあったが、今回RMサザビーズ社が設定したエスティメート(推定落札価格)は、かなり控えめにも見受けられる3万5000−4万5000ドルであった。

 新型コロナ禍で先行き不安定な現状とはいえ、さすがにこのエスティメートは過小評価だったようで、競売が始まってみると2倍近い7万6180ドル、日本円に換算すれば約800万円で落札されることになった。

Nextフィアットが世に問うた麗しきスパイダー2選
Gallery【画像】懐かしい昭和のフィアット3選(29枚)

page

RECOMMEND