VAGUE(ヴァーグ)

カルチャーのクロスロードでポルシェを体感しよう

 ポルシェジャパンは、日本でデリバリーがスタートするポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」のポップアップストアを原宿にて、期間限定でオープンした。

  • 2020年12月8日(火)から12月19日(土)に、原宿にてポップアップストア「Porsche Taycan Popup Harajuku」が開催された

 ポップアップストア「Porsche Taycan Popup Harajuku」の開催期間は、2020年12月8日(火)から12月19日(土)まで。開催場所は、原宿駅前の「jing(ジング)」。単なる商業施設の枠を超えた「文化の交差点」がコンセプトの施設だ。

 期間中は、タイカンの展示車両に実際に触れるだけでなく、事前に申し込んだ方のなかから抽選でタイカンに実際に試乗することもできる。国内において一般のカスタマー向けタイカンの試乗案内は今回が初となる。

 また、外壁の巨大LEDスクリーンにはSoul electrified(電動化された魂)のコンセプトをイメージした演出で会場が彩られる。

 会期中、事前予約がなくてもポップアップストア内でタイカンをはじめとする展示車両を鑑賞することは可能なので、原宿・表参道を訪れた際に訪れてみてはいかがだろう。

 ちなみに、タイカンのカスタマー向け試乗は事前申し込みが必要だが、たまたま訪れた時間に予約が入っていなければ、当日その場で申し込んでも試乗できるかもしれない。

 VAGUE編集部のオススメは、ダニエル・アーシャムのアート作品であるCrystal Eroded Porsche 911」。こればかりは写真ではなく実車を鑑賞しないと、その価値が伝わりにくい。三密を避けて、ぜひ。

●ポルシェタイカン ポップアップ原宿

・日程:2020年12月8日(火)−2020月12月19日(土)
・時間:11:00–20:00
・場所:東京都渋谷区神宮前6丁目35番6号(jing)
・スペシャルサイト:https://www.porsche.co.jp/sp/taycan/popup/
・試乗応募フォーム:https://form.porsche.co.jp/taycanpostestdrive/
・展示車両:期間中、ポルシェと現代アーティスト ダニエル・アーシャムのコラボレーションアート作品「Crystal Eroded Porsche 911」や、1955年に製造されたポルシェ「356A」、ポルシェEスポーツレーシングジャパンシーズン2の決勝戦にあわせて911 GT3 Cupを展示予定。

●2020年12月8日(火)−12月13日(日):Crystal Eroded Porsche 911
期間中、2Gによるダニエル・アーシャムの限定マーチャンダイズの展示を実施。2Gは、NANZUKAによる「ギャラリー」、小木‛POGGY’基史とデイトナ・インターナショナルによる「セレクトショップ」、MEDICOM TOYによる「アートトイ」の3つのジャンルのトップランナーが集結して作られた新しい形のショップだ。

●2020年12月14日(月)−12月17日(木):356A
356は1948年にポルシェが初めて自社の名を冠して作成した記念すべきスポーツカー。ドイツのポルシェミュージアムより来日したこの1956年型のポルシェ356A1600Sクーペは、356の初期モデルのなかでもとくにスポーティなモデルとして知られている。

●2020年12月18日(金)−12月19日(土):911 GT3 Cup
世界中でおこなわれているワンメイクレース「ポルシェカレラカップ」に使用されているレーシングカー。市販の「911 GT3 RS」をベースに徹底的な軽量化を図り、485psの水平対向6気筒エンジンを搭載。通常はサーキットでしか見ることができないレーシングカーだ。

Gallery【画像】誰でも入場できるポルシェのポップアップストアとは(16枚)

RECOMMEND