早くも「4シリーズ」のフルシュニ登場! デカキドニーに合うエアロとは?

BMWチューナーとして有名なACシュニッツァーが、最新の「4シリーズ クーペ」用のエアロパーツをリリースした。巨大キドニーグリルになったフロントマスクは、どのように変化したのだろうか。

老舗チューナーが早くも「4シリーズ」を手掛けた!

 スポーツクーペとしてサイズ感がちょうどよいBMW「4シリーズ クーペ(G22型)」。当然のことながら、BMWのチューナーとして知られるACシュニッツァーは、最新の4シリーズ用に多彩なパーツの開発を進めている。

ドイツの老舗BMWチューナーであるACシュニッツァーが、最新の「4シリーズ」用のパーツを早くもリリース

 現在デリバリーされているのは、ホイールやサスペンション、内外装パーツといったコスメパーツがメインとなる。

 まずアルミホイールだが、ACシュニッツァーの伝統、ペンタゴンデザインのAC1がさっそく用意された。

 サイズは19×8.5Jと20×8.5J/20×10.0J。19インチは前後に8.5Jサイズをセットし、タイヤをフロントは225/40、リアは255/35サイズを装着する。20インチの場合は、フロントに8.5Jをセットし、235/35のタイヤを、リアは10.0Jサイズに265/30を装備する。カラーバリエーションはバイカラーとマットのアンソラジットとなる。

 サスペンションはローダウンスプリングを用意。ローダウン値はノーマル比で約30mm。ショックアブソーバーは純正をそのまま使用するので、電子制御は使うことが可能だ。

 さらに、ショックアブソーバーがオリジナルのスポーツサスペンションも開発。純正スプリングと同じく粗巻きバネを採用しているため、動きがしなやかだが、ノーマル以上のシャープさも味わうことができる。こちらの車高ダウン値は、モデルによって20mmから30mmとなっている。

 そのほか、シュニッツァーファンにとってはお馴染みの、ノーマルマフラーに被せて装着するスポーツテールトリム(マフラーカッター)や、アルミ製のパドル/ペダルセットといったインテリアパーツもすでにデリバリーされている。

Gallery:【画像】ACシュニッツァーが手がけた最新「BMW 4series」を見る(16枚)