VAGUE(ヴァーグ)

常時オンライン接続で利便性が向上

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は2020年12月4日、コンパクトSUV「T-Cross(Tクロス)」とクロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)において一部仕様変更をおこなった。

  • 12月4日に一部仕様変更がおこなわれたVW「T-Roc(Tロック:写真上)」と「T-Cross(Tクロス:写真下)」

 今回の仕様変更は、フォルクスワーゲン(VW)車として日本で初採用となった、常時コネクテッドの新世代インフォテイメントシステムを両モデルに搭載、利便性の強化を図っている。またTクロスには特別装備にデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」を追加している。

 おもな仕様変更は以下のとおり。

Tクロス TSI 1st/Tクロス TSI 1st Plus

・デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」を全グレードに標準装備
・最新世代のインフォテイメントシステム(ナビ)「ディスカバーメディア」を全グレードに標準装備
・エンブレムの意匠変更
・有償オプションカラー(マケナターコイズメタリック)の設定

Tロック

・最新世代のインフォテイメントシステム(ナビ)「ディスカバーメディア」をスタイルデザインパッケージ以上のグレードに標準設定
・エンブレムの意匠変更

車両価格(消費税込、以下同様)

・Tクロス TSI 1st:301万9000円
・Tクロス TSI 1st Plus:337万9000円
<オプション> 
有償オプションカラー(マケナターコイズメタリック):3万3000円

・Tロック TDI スタイルデザインパッケージ:404万9000円
・Tロック TDI スポーツ:418万9000円
・Tロック TDI R-Line:452万9000円
<オプション>
・レザーシートパッケージ(TDI スポーツ):22万円
・有償オプションカラー(ターメリックイエローメタリック/ブラック):3万3000円

Next新たなサービス「We Connect」スマホでクルマの解錠/施錠が可能に
Gallery輸入車SUVでトップ! VW「Tクロス」と「Tロック」を画像でチェック(18枚)

page

RECOMMEND