小粋なAセグコンパクト、ルノー「トゥインゴ」の特別仕様車シグネチャーに新色登場

ルノー・ジャポンは2020年12月3日、タイポグラフィー(文字を主体としたデザイン)があしらわれたルノー「トゥインゴ」の特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」に新色のブラン クオーツM(白)を追加、同日に販売を開始した。

車名の由来となった「TWIst」「sWINg」「tanGO」の言葉がデザインされた

 ルノー・ジャポンは2020年12月3日、タイポグラフィー(文字を主体としたデザイン)があしらわれたルノー「トゥインゴ」の特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」に新色のブラン クオーツM(白)を追加、同日に販売を開始した。

ルノーの特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」

 トゥインゴは1992年、「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉に着想を得て名付けられたという。

 トゥインゴ シグネチャーは、この3つの言葉をイメージして「TWINGO」の文字をデザインしたタイポグレフィーを、専用サイドストライプやシート、キッキングプレートに散りばめた特別仕様車だ。

 またボディ同色のサイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)、専用サイドストライプ、16インチアロイ・ホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)、専用キッキングプレートなどが装備される。

 トゥインゴ シグネチャー専用となるボディカラーは、「ブルー オセアンM」と新色の「ブラン クオーツM」の2色。どちらも内外装にはルージュがアクセントとして配される。

 車両価格は217万円(消費税込)。ベースグレードは「トゥインゴEDC」となる。

ルノー トゥインゴ シグネチャー専用装備

● 専用ボディカラー
・ブルー オセアン M(メタリック)
・ブラン クオーツ M
● コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ
● ボディ同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)プライバシーガラス
● 16インチアロイホイール
● 専用サイドストライプ
● 専用キッキングプレート
● ブルー内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)専用レザー調×ファブリックコンビシート
● 前席シートヒーター
● サブウーハー
● リアシート下収納ネット

ルノー・トゥインゴ の中古車をさがす

Gallery:【画像】小粋なフレンチの特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」を見る(8枚)