VAGUE(ヴァーグ)

ジャガーSUVのフラッグシップモデルが進化

 英ジャガーは2020年12月2日、ジャガーのSUVラインナップの頂点に立つ「F-PACE(Fペイス)SVR」の改良新型を発表した。

  • ジャガー新型「FペイスSVR」

 搭載されるエンジンは5リッターV型8気筒スーパーチャージャー付きガソリンエンジンで、最高出力550ps・最大トルク700Nmを発生。従来モデルよりも最大トルクが20Nm増加している。組み合わされるトランスミッションは8速「クイックシフト」ATだ。

 最大トルクが増加したことによりパフォーマンスが向上、最高速度は178mph(約286km/h)と従来よりも2mph速くなり、0-60mph(0-約96km/h)は3.8秒で0.3秒短縮された。ちなみに0-100km/h加速は4.0秒となる。

 エンジン出力が向上したにもかかわらず、二酸化炭素排出量は従来の281g/kmから275g/kmへと低減しているのも特徴だ。

 ブレーキシステムも強化。フロント395mm径、リア396mm径のツーピース・ディスクブレーキは、新しいインテグレーテッド・パワーブースターが採用され、よりコントロールしやすく短い距離でのブレーキングを実現している。

 このチューニングはSVR専用で、ブレーキシステムはバキューム式ではなく電動ブースターを採用。また冷却性能と空力性能の向上により、ドライバーにさらなる信頼感を与えている。

 FペイスSVRは、インテリジェントドライブラインダイナミクス(IDD)を備えた4WDが標準装備される。通常走行時はFRだが、路面や走行状況に応じてトルクを瞬時に前/後車軸に分配するソフトウエアにより、低トラクション状態での制御と安定性が向上している。またリア電子制御アクティブデファレンシャルも装備する。
 
 アダプティブダイナミクスサスペンションは、しなやかな乗り心地とともに正確でダイナミックな走りを両立するものだ。この技術は、常に加速力やステアリング入力、スロットル開度、ブレーキ入力を分析、さらに車両の四隅にあるセンサーで垂直方向の動きとロール、ピッチを1秒間に100回測定することで得たデータを使ってダンパーの剛性を調整し、快適さとダイナミクスを両立する。

 また、アクティブロードノイズキャンセリングを標準装備。これは路面からの振動を常に監視し、キャビンから不快なノイズを取り除くために必要な音を計算し、逆位相の音波を発生させることで、より静かな車室空間が実現している。
 
 新型Fペイスには最新の「ジャガードライブコントロール」を装備する。これはコンフォート/エコ/レイン・アイス・スノー/ダイナミックの各モードを備えており、道路状況に基づいて、ドライバーがロータリーダイアルで手動で選択できる。このモードは、ステアリングやトランスミッション、スロットル、アダプティブダイナミクスを最適化する。

 エクステリアデザインは大幅に変更された。エンジンとブレーキの冷却を改善するため、エアインテークは拡大されている。またCd値は0.37から0.36に改善、さらに揚力は35%減少と空力性能も向上した。またヘッドライト、テールライトともに新デザインのLEDライトを採用している。

 インテリアデザインも大幅に変更。シートとドアにはアルカンターラが使用され、12.3インチのドライバーディスプレイもアルカンターラで包まれている。

  • ジャガー新型「FペイスSVR」のインテリア。ドライブセレクターのデザインが変更されている

 ドライブセレクターは新デザインとなった。SVRロゴを備えたディンプルレザーで仕上げられている。そのドライブセレクターの横にはスタートボタンと、ジャガードライブコントロール用のロータリーダイヤルを備える。

 FペイスSVRのイギリスでの車両価格は、7万7595ポンド(日本円で1085万円)。日本での販売時期は未定だ。

ジャガー・Fペイス の中古車をさがす

Nextジャガー新型「FペイスSVR」の走りを【動画】でチェック!
Gallery【画像】ジャガー新型「FペイスSVR」を画像で見る(36枚)

page

RECOMMEND