ポルシェの新型EV「タイカン」がギネス世界記録達成! その驚きの内容とは

独ポルシェは2020年11月24日、ポルシェの電動自動車(EV)「タイカン」が、EVによる最長のドリフトでギネス世界記録に登録されたと発表した。

電動自動車によるドリフト最長記録がギネスブックに掲載

 独ポルシェは2020年11月24日、ポルシェの電動自動車(EV)「タイカン」が、EVによる最長のドリフトでギネス世界記録に登録されたと発表した。

EVによる最長のドリフトでギネス世界記録を達成したポルシェの電動自動車「タイカン」

 世界記録の舞台になったのは、ドイツ・ホッケンハイムにあるポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)ホッケンハイムリンク。すでに中国で発売されている後輪駆動バージョンのタイカンで、ドライバーはポルシェのインストラクターであるデニス・レテラ氏。

 FRのタイカンで直径80m、1周200mのスキッドパッドを210周した。42.171kmという距離を完走したことで、電気自動車での最長連続ドリフトの世界記録を樹立した。平均速度は46km/hだったという。

 レテラ氏は「ESCをオフにした場合、タイカンのパワースライドは非常に簡単でした。とくにFRバージョンだったことが大きいです。また低重心とロングホイールベースが安定性を確保していて、ステアリング操作に対し挙動が正確でした。ドリフトしている際、常に完璧なコントロールができました」とコメントする。

 オランダ人であるレテラ氏は現在、ポルシェ・エクスペリエンスセンター・ホッケンハイムリンクのチーフインストラクターを務めているが、以前はカートや耐久レースに参戦していたドライバーだ。

「それでも210周の間、高い集中力を維持するのは非常に疲れました。ステアリングとアクセルワークでドリフトをコントロールすることに集中しました」と語った。

 ギネス・ワールド・レコーズの公式記録審査員であるジョアン・ブレント氏の立ち会いのもと、PECのウエット・ドライビング・ダイナミクスエリアでおこなわれた。ブレント氏は「これまでにもいくつかのドリフト記録を見てきましたが、電動スポーツカーは私たちにとっても非常に特別なものです。ポルシェは本当に先駆的な仕事をしてくれました」とコメントする。

 テスト前には、地元の土地測量士が直径80mのポルシェ・エクスペリエンスセンターの面積をミリ単位の精度で測定した。記録のために車内にGPSとヨーレートセンサーが設置され、コントロールタワーの屋根に設置されたカメラで記録走行の様子が撮影された。

※ ※ ※

 タイカンは、すでに多くの記録を達成している。ナルドの高速走行で24時間3425kmの耐久走行、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにおけるクラス最高タイムである7分42秒の樹立、ラー飛行場での0-200km/h加速26回のスプリントなど、ポルシェ初の全自動スポーツカーはさまざまなチャレンジをおこなっている。

 今回ギネス世界記録が達成された場所、ポルシェ・エクスペリエンスセンター・ホッケンハイムは2019年10月13日にオープンしたばかりで、17万平米の敷地にはカスタマーエクスペリエンスセンター、ハンドリングトラック、6つのドライビングダイナミクスエリア、オフロードコースなどがある。

 ホッケンハイムのポルシェ・エクスペリエンスセンターは、ライプツィヒに次ぐドイツで2番めのセンターだ。ポルシェ・エクスペリエンスセンターはほかにアトランタ、ル・マン、ロサンゼルス、上海、シルバーストーンにあり、さらに現在、イタリアのフランチャコルタに最大規模のポルシェ・エクスペリエンスセンターが建設中。オープンは2021年半ばを予定している。

 また2021年夏の後半には、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が開設予定だ。これは世界で9番目、日本では初めてとなるポルシェのブランド体験施設で、千葉県木更津市に開設される。

Gallery:【画像】超絶テク! 「タイカン」のギネス記録の様子を画像で見る(10枚)