ランボとドゥカティが夢のコラボ! プレ値間違いなしのディアベルとは?

ランボルギーニとドゥカティがコラボしたバイク「ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ」が誕生した。「シアンFKP37」にインスパイアされたバイクの全容に迫る。

イタリアを代表する4輪と2輪メーカーのコラボ

 アウトモビリ・ランボルギーニとドゥカティは、両社によるコラボレーション「ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ」を発表した。

アウトモビリ・ランボルギーニとドゥカティは、両社によるコラボレーション「ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ」を発表

 ランボルギーニとドゥカティには、共通したアイデンティティがある。それは、スポーティな感覚、デザインやディテールへの細心のこだわりを持つ、イタリアンエスセレンスを代表するメーカーであるということだ。

 こうした共通点から、ドゥカティのデザイナーたちはランボルギーニのプレステージモデルのひとつである「シアンFKP37」にインスパイアされ、今回のスペシャルプロジェクトが生まれるに至った。

 ベースとなったのは、「ディアベル1260S」である。これにシアンFKP37のコンセプトを特徴的なコンポーネントのデザインに反映させている。

 新しく登場した軽量のフォージドホイール、バイク本体に重なりフロートしているかのようなカーボンファイバー製のエアインテークとラジエーターカバーはシアンを彷彿とさせるものだ。また、象徴的なドゥカティのレッドはブレンボ製ブレーキキャリパーの色で表されている。

 シアンFKP37にはカーボンファイバーが多用されているが、今回のディアベルにもカーボンファイバー製のパーツが用いられることになった。たとえば、ラジエーターカバーとエアインテークのほか、サイレンサーカバー、スポイラー、タンクカバー、シートカバー、フロント/リアのマッドガード、ダッシュボードカバー、ヘッドライトフレームもカーボン製となる。

 アウトモビリ・ランボルギーニのヘッド オブ デザインのミィティア・ボルケルト氏は、今回のコラボについて次のようにコメントしている。

「ランボルギーニのデザインの力強さは、自動車業界でもっとも認知度の高いブランドのひとつだと確信しています。すっきりとしながらも際立つ、独特のシルエットは、ランボルギーニのデザイン思想の根本にあります。私たちはデザインに対して未来志向のアプローチをとり、これによりランボルギーニはそのDNAを他の製品に取り入れることを可能にしています。

 今回のコラボレーションは、強力なチームワークを通して実現しました。スタイルと『ファン・トゥ・ドライブ』を追求するブランドであるという両社の強みが活かされています」

 ドゥカティ チェントロスティーレのディレクターであるアンドレア・フェラレーシ氏は、次のようにコメントしている。

「ランボルギーニ・シアンFKP037にインスパイアされたドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニは、2社に共通する価値観を讃えるモデルです。

 どちらもイタリアのブランドであり、どちらも本質的にスポーティであり、デザインで他との違いが際立っています。

 ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニは、シアンFKP037と同じデザイン思想に基づいて創り出された、他とは異なる存在なのです」

* * *

 ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニのリバリーも、ドゥカティのスタイル・センターとランボルギーニのチェントロスティーレのコラボレーションによるものだ。

 シアンFKP037と同様にボディには特徴的なグリーン、フレームとアンダートレイ、フォージドリムにはゴールドが使用されている。

 また、ランボルギーニを象徴するデザイン要素である六角形は、エキゾーストに、「Y」モチーフはシートのディテールに用いられた。

 ディアベルのカラーリングは、サンタアガタ・ボロネーゼで1963年に設立されたランボルギーニにとって重要な「63」というナンバーがデザインされている。

 そしてドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニの生産台数は、この「63」の10倍にあたる630台。2020年12月末以降、ドゥカティのディーラーで販売が予定されている。

Gallery:【画像】ランボとドゥカティがコラボしたバイクをチェック!(14枚)