輸入車人気ナンバーワン「ミニ」のグレード名、クーパーって何のこと?

MINI(ミニ)が好調だ。2016年から4年連続で外国メーカー車新車登録台数トップ、そして日本での販売台数は登場19年で30万台を突破したという。そんな人気ブランド、ミニのグレード名には「クーパー」、そしてミニのハイパフォーマンスモデルには「John Cooler Works(ジョン・クーパー・ワークス)」がある。その名前の由来となっているジョン・クーパー氏とはいったいどんな人なのだろうか。

かつてF1でチームチャンピオンにもなったクーパー

 ミニのグレード名にある「クーパー」と、ミニの高性能モデルである「JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」というネーミングは、どちらも同じ人物が由来となっている。それが1923年生まれの英国人、ジョン・クーパー氏(2000年死去)だ。

現行型ミニ・クラブマンJCW

 ジョン・クーパー氏の父親であるチャールズ・クーパー氏(1893年生まれ)は、レーシングマシンを修繕する工場を経営していた。そのガレージを遊び場に育ったジョンは、当然のようにメカニズムに興味を持つ。

 そして、1946年に親子で「クーパー・カー・カンパニー」を設立し、レーシングマシンの製造に乗り出す。当時は会社の規模が小さかったため、クーパーが作るのは車体だけ。エンジンは自動車メーカーのものを買ってきて乗せるという手法だ。

 こうした英国の小さな会社によるクルマ作りは「バックヤードビルダー」と呼ばれるものであった。

 クーパー親子が作り出したマシンは非常に高性能で、1950年代にはF1にも進出を果たした。

1959年にF1ドライバーズチャンピオンとコンストラクチャーズチャンピオンの2冠に輝いたクーパーのF1マシン。ドライバーはあのジャック・ブラバム

 当時のF1は、エンジンを前に置いたFR駆動方式が主流であったが、クーパー親子はエンジンをドライバーの後ろに乗せるミッドシップ方式を採用し、驚くほどの速さを見せつけた。当時、クーパー製のF1をドライブしたのは、ジャック・ブラバムやスターリング・モスといった伝説のパイロットたちである。そして1959年には、フェラーリやマセラティ、アストンマーティン、ポルシェといったライバルを打ち破り、クーパーはF1コンストラクターズ・チャンピオンを獲得。翌1960年も連覇したのだ。

 そうした絶頂期のクーパーの目に留まったのが、1959年に誕生したMini(ミニ)であった。

 ミニが目指したのは、ベーシックなファミリーカーだ。ミニマムな空間に大人4人を乗せ、経済的に走れるという合理性が特徴だ。決して、速さを謳うクルマではない。

 しかし、クーパー親子は、そのミニの潜在能力の高さを見抜き、ハイパフォーマンス・モデルの開発・販売を提案する。F1で大活躍するクーパーの進言を受けて、当時、ミニを製造していたBMC社は「ミニ・クーパー」と名付けた高性能モデルを開発し、1961年に発売したのだ。

Gallery:ミニとジョン・クーパーの歴史を画像でチェック(32枚)