バブリーな三菱「GTO」がいま新しい! 後期型が240万円で落札!!

バブル時代に三菱から登場した「GTO」は、当時はリトラクタブルヘッドライトを採用し大きなボディサイズもあって、公道での存在感は抜群だった。このバブルの申し子のようなGTOの現在の評価を、英国最新オークションで探ってみよう。

後期型「GTO」の落札価格は?

 1990年の発売から、2001年の生産終了まで、毎年のようにおこなわれたマイナーチェンジでは、ホイールの16→17インチ化や、ブレーキの大径化、リトラクタブルヘッドライトから固定式プロジェクターランプへの変更など、さまざまな改良がなされている。

●1999 三菱「3000GT」

リトラクタブルヘッドライトから固定式へとビッグマイナーチェンジがおこなわれたが、「GTO」は一代限りで生産を終了している(C)SILVERSTONE AUCTIONS

 大別すると、初期型が1990年から1993年までとなる。1993年8月のビッグマイナーチェンジした後を中期型と呼ぶ。マニュアルトランスミッションが、それまでのゲトラグ社製5速から同じゲトラグ社製の6速になり、ヘッドライトが固定式となった。1994年には軽量モデルMRを追加。同時にこのとき、オプションとしてAPロッキード製対向ピストン6ポットキャリパーが用意されている。

 さらに1996年8月のマイナーチェンジで後期型となり、速度感応式のアクティブエアロが廃止されている。1998年にはフロントウインカーをコンビランプとし、リアスポイラーを大型化した最終型が発売された。

 今回シルバーストーンオークションに登場した三菱3000GTは、1999年式。つまり最終型だ。

 搭載されているエンジンは6G72型ターボで、4WDかつ4WSが装備されたもの。現在の走行距離は3万5298マイル(約5万6500km)で、2万2807マイル走行までの間は正規ディーラーで、それ以降は独立ガレージで整備を受けていた履歴が残っている。

 クルマは完全にオリジナル状態だ。シートなどは年式なりの経年劣化はあるが大きな損傷はなく、ボディも美しさが保たれている。

 さらにその整備記録簿以外にも、オーナーズマニュアルなどが付属しており、スペアキーも失われてはいない。そのことから、コレクションとしての購入もオススメできるとバイヤーも評価をしている。

 気になるこのGTOの落札価格は、1万6875ポンド(約235万円)だった。日本での中古車市場価格は、同程度のもので探すと、およそ250万円から400万円くらい。すでに流通台数が少なくなっているクルマだけに、今後はさらなる値上がりも考えられるということを加味すれば、この落札価格は妥当、といえるものだろう。

Gallery:【画像】三菱が元気だった頃のクルマ「GTO」って?(18枚)