ミニ史上最強エンジン搭載! 「ミニJCWクラブマン」の持つ多面性とは

輸入車ナンバーワンブランド、MINI(ミニ)のなかでも人気の「ミニ・クラブマン」。そのハイパフォーマンスモデルが「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)だ。内外装ともに小変更を受けたが、いちばん大きな変更点はそのパワートレイン。よりパワフルになったミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンに試乗した。

BMWのMパフォーマンスモデル「M135i」や「X2M」と同型式のエンジン

 ミニ・クラブマンが日本で登場したのは2008年3月2日(ミニの日)のこと。先代にあたるこのモデルは、3ドアハッチバックのミニよりも全長が240mm伸ばされた3935mmで登場した。

 全幅が1685mmと5ナンバーサイズだった先代ミニ・クラブマンだったが、クラブドアと呼ばれる観音開きのドアが右側に付けられた変則的1+2ドアが特徴的だった。「イギリス生まれのブランドのミニなのに、左側通行の道路事情を考えていない」などと批判されたのも、いまとなっては懐かしい話だ。

「ミニJCWクラブマン」の走り

 現行型3代目ミニ・クラブマンが登場したのは2015年6月。2代目と比較すると全長は270mm、全幅は90mm、ホイールベースが100mmそれぞれ拡大し、従来のBセグメントからCセグメントモデルに成長している。

 先代は4名だった乗車定員は5名になり、荷室容量も360リッター/最大1250リッターを確保した。大きくなったこの現行MINIクラブマンは人気で、現在では日本でのミニ・ボディラインナップで一番人気となっているようだ。

 そんなミニ・クラブマンも2019年10月にマイナーチェンジをおこなっている。LEDリアコンビランプを英国の国旗ユニオンジャックをモチーフとしたデザインにするなどの改良がおこなわれている。

 それと同時に、ハイパフォーマンスモデルのジョン・クーパー・ワークス(John Cooper Works:JCW)も新しくなり、ミニ・クラブマン/ミニ・クロスオーバーに新エンジンが搭載された。

 搭載されたエンジンがまたすごい。2リッター直4ターボは306ps・450Nmを発生し、ミニ史上最強のエンジンとなっている。先代比ではプラス75ps・プラス100Nmものパワー・トルクのアップになる。

306ps・450Nmを発揮するB48A20E型2リッター直4ターボエンジン

 このエンジンは「B48A20E」型。つまり、BMWのMパフォーマンスモデル「M135i」や「X2M」に搭載されるエンジンと同じ型式なのだから、その凄みがわかるだろう。

Gallery:【画像】まさに万能スポーツ!「ミニJCWクラブマン」を画像で見る(25枚)