アウディQシリーズのフラッグシップ「Q8」は走りにカドがないSUVクーペ【試乗】

アウディのSUV「Qシリーズ」のフラッグシップモデル「Q8」は、2019年9月3日に日本でも発売が開始された新しいモデルです。世界的にも流行している、クーペスタイルのSUVだが、その走りはいかに。

「Q8」は単なる「Q7」のSUVクーペ版、ではない

 アウディ「Q8」は、アウディの「Q」で始まるSUV群のフラッグシップと呼べるモデルだ。日本に上陸したのは2019年9月と、最新のアウディモデルになる。

アウディQ8の走り。55km/hから160km/hの間でコースティング中はエンジンを止めて走ることもできる

 一見、「Q7」のクーペ版がこのQ8のようにも見えますが、これはBMW「X5」に対するクーペ版「X6」のような、単純な位置づけではない。

 今回の試乗車である「Q8 55 FSI quattro Sライン エアサス」と「Q7 55 TFSI Sライン エアサス」を比較すると、全長は80mm短く、全幅は25mm広く、全高は25mm低くなっている。

 さらに搭載エンジンは、同じ3リッターV6ではありますが、Q7がスーパーチャージャー付きなのに対し、Q8はターボチャージャーを備えるなどそのキャラクターが異なる。

 エンジン型式もQ7の「CRE型」からQ8は「DCB型」になり、Q7のCRE型333馬力/440Nmから、Q8のDCB型は340馬力/500Nmへと、パワーとトルクがアップしている。

 エクステリアデザインを見ると、Dピラーが大きく寝てクーペルックになり、Cピラーとの間のウインドウ面積が小さくなっていることがわかる。

 ドアは、4枚とも窓枠のないサッシュレス。ホイールハウス周辺のオーバーフェンダーにする手法も異なり、Q8は全体を膨らませてよりモダンなデザインになっている。

 インテリアも、Q8は独自のものになっているのが特徴といえる。

Q8のインパネ

 Q7とはナビのモニター画面のレイアウトが異なり、ダッシュボード上の独立した位置から、ダッシュ中央にすっきりと格納された。

 Q8のラゲッジルーム容量は605リッター。これはQ7の890リッターと比較すると小さくなっていますが、これはルーフが低くなったのとバックドアが傾斜している分だ。

 ということで、見た目だけではなく、Q8はQ7とはまったく別の、独立したSUVのクーペモデルと考えた方がいいだろう。

Gallery:アウディ「Q」シリーズのフラッグシップ、Q8を画像で見る(25枚)