これぞ大人の三輪車! 33台限定モーガン「スリーホイーラー」とは?

モーガンといえば、旧き佳き時代の伝統を継承してクルマを生産している英国メーカーだ。そのモーガンが2011年に復活させたスリーホイーラーが、2021年に生産が中止されることが決定しており、有終の美を飾る33台限定モデルがリリースされた。

生産終了間近! 33台限定モデルとは?

 ここで紹介する「P101エディション」は、2021年に生産を中止する、スリーホイーラーに哀悼の意を込めて生産される特別仕様車だ。

 P101とは2011年に新型スリーホイーラーを生み出した時の開発コードで、このスペシャルモデルは33台の限定車として生産される計画だ。

モーガン「スリーホイーラーP101エディション」は、約626万円となる

 P101エディションには4つのカラーバリエーションがある。「ベリータンクレーサー」「ダズルシップ」「アヴィエーター」「レースカー」の4つである。

 それぞれボディカラーはブラック、もしくはサタンホワイトシルバーが基本で、それに独自のグラフィックが与えられる。

 オフィシャル画像に使用されているのはダズルシップ(目を眩ます機体)だ。ベリータンクレーサーとは、飛行機の補助タンクに由来するもので、アヴィエーターは飛行士を、またレースカーは文字通りストライプとラウンドルで往年のレースカーを再現している。

 そしてもうひとつの特徴は、シングル・リーフ・トノカバーを装着している点だ。かつてモーガンが新型スリーホイーラーを2011年のジュネーブ・ショーで発表した時に採用されたこのトノカバーは、助手席側のみを覆うデザインで、ドライバーはそれを装着することで、さらにモノポストのモデルをドライブしている感覚を得ることができるという。

 型式認定が切れることから、2021年には生産を中止しなければならない現在のモーガン・スリーホイーラー。しかし彼らはすでに、次世代のスリーホイーラーの開発をスタートさせている。スリーホイーラーの歴史は、まだまだ終わらないのだ。

 参考までにこのP101の価格は4万5000ポンド(邦貨換算約626万円、税抜)と発表されている。

Gallery:【画像】2021年に生産中止となる3輪車とは?(16枚)