VAGUE(ヴァーグ)

2011年に復活した三輪車!

 1909年の創業以来、現在まで親子3代にわたる家族経営を続けてきたモーガン。

 生産台数を第一に意識するのではなく、良い製品を長く作ることでカスタマーの支持を得るのだという彼らの企業哲学、そしてここで紹介するスリーホイーラーの時代からスポーツカーに製品を特化してきた商品戦略が、常に多くのバックオーダーを抱え、多くのカスタマーを魅了する理由だと考えて間違いないだろう。

  • 2021年に生産が終了するモーガン「スリーホイーラー」が33台限定モデルで登場

 モーガンが、もっとも長く生産を続けているモデルといえば、1936年にデビューを飾った「4/4」にほかならない。しかし、それ以上にモーガンの作としてまずイメージされるのは、1910年にオリンピアモーターショーで発表された「スリーホイーラー」ではないだろうか。

 スリーホイーラーとしては後発モデルであったものの、そのパフォーマンスは高く、さまざまなレースで好成績を残している。

 1911年にセールスを開始したスリーホイーラーは、1939年まで生産されるが、1932年には新たにフォード製のエンジンを搭載した「Fシリーズ」も誕生。こちらは1952年まで20年近く生産され、惜しまれつつその生産を終える。

 そのスリーホイーラーの復活が、突如として発表されたのは2011年のジュネーブ・ショーでのことだった。

 搭載されたエンジンはS&S製のもので、これにマツダ製5速MTというトランスミッションがパワーユニットとなった。重量は550kg前後とみられ、0ー97km/h加速は4.5秒。最高速は185km/hとされている。

Next生産終了間近! 33台限定モデルとは?
Gallery【画像】2021年に生産中止となる3輪車とは?(16枚)

page

RECOMMEND