VAGUE(ヴァーグ)

180km/hの速度制限と「ケア・キー」も導入

 ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月26日、ミドルサイズセダン「S60」およびミドルサイズクロスオーバー「V60クロスカントリー(V60CC)」の装備を一部変更するとともに、パワートレーンに48Vハイブリッドを導入することで全車電動化を図り、同日発売した。

  • ボルボのミドルサイズセダン「S60」(右)とミドルサイズクロスオーバー「V60クロスカントリー」(左)

 今回のS60とV60CCのパワートレーン一新により、ボルボの国内販売モデルはすべて電動化されたことになる。

 S60は従来の「T4」「T5」に代わり、あらたに48Vハイブリッドパワートレーン「B4」「B5」を採用。プラグインハイブリッドモデル「リチャージ・プラグインハイブリッドT6」とあわせ、すべて電動化された。またV60CCも従来の「T5」に代わり新たに48Vハイブリッドパワートレーン「B5」を採用している。

 48Vハイブリッドパワートレーンとは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電、エンジンの始動や動力補助をおこなうハイブリッドシステムを搭載するもの。ISGMはバッテリーモジュールへの充電、エンジンの始動、車両出力補助ならびに制動に使用される。

 またスターターモーターに代わり、ISGMによりエンジンの始動をおこない、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減と、より上質感のある走行性能を実現させている。

 B4、B5ともDrive-Eと呼ばれる2リッター直列4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載。B4は197ps・300Nm、B5は250ps・350Nmの最高出力・最大トルクを発生、これにB4/B5ともに10kW・40Nmを発生する電気モーターが組み合わされる。

 S60に設定されるリチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDは、253ps・350Nmを発生するDrive-E 2リッター直列4気筒スーパーチャージャー付き直噴ターボエンジンと240Nmを発揮する電気モーターをリアに配置。電動モーターだけで駆動する「ピュアモード」ではEV走行によるゼロ・エミッション走行が可能で、プラグインレンジは48.2km。またエンジンとモーターふたつのパワーソースを最大限に活用する「パワーモード」も選択可能だ。

 装備レベルは一部変更されている。「CleanZoneアドバンスト・エア・クオリティ・システム(PM2.5 センサー、車内自動換気機能付)」が採用された。これは車内から微粒子状物質を除去することで、PM2.5粒子を最大95%車外排出することが可能となり、これにより車内の エアクオリティが最適化され、大気汚染や微粒子による健康への悪影響を抑制するものだ。

 また「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」が標準装備されている。

 今回新たに、180km/hの最高速度制限とケア・キーも導入されている。自動車の速度超過が死亡重症事故の大きな原因のひとつであることから、すべてのボルボ車の最高速度を180km/hに制限した。また標準装備のケア・キーを使用することにより、他人にクルマを貸し出す際などに、あらかじめクルマの最高速度を任意のより低い速度に制限するすることが可能になる。

 S60の車両価格は「S60 B4モメンタム」が499万円(消費税込、以下同)、「S60 B5インスクリプション」が624万円、「S60 B5Rデザイン」が624万円、「S60リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション エクスプレッション」が684万円、「S60リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション」が799万円となる。

 V60CCの車両価格は「V60クロスカントリー B5 AWD」が579万円、「V60クロスカントリー B5 AWDプロ」が674万円だ。

ボルボ・S60 の中古車をさがす

ボルボ・V60 の中古車をさがす

Gallery【画像】ボルボ「S60」と「V60CC」をチェック(6枚)

RECOMMEND