VAGUE(ヴァーグ)

「488 GT3」および「488 GTE」の性能を100%使い切るモデル

 2020年11月25日、フェラーリは、新型「488 GT Modificata」を発表した。

 このマシンは、「488 GT3」および「488 GTE」向けに開発したスキルとテクノロジーが投入された限定モデルであり、技術的な制約やレースのレギュレーションをクリアしているため、持ち前のポテンシャルを最大限に発揮することができる。

 488 GT Modificataは、フェラーリ・クラブ・コンペティツィオーニGTなどのイベント向けに開発したサーキット走行専用のモデルとなる。

 それでは、誕生した背景と独自の装備などについて解説しよう。

●本当の意味で解き放たれた実力

  • 488 GT Modificataは、488 GT3および488 GTEがもともと備え持っていた卓越したレベルの性能を最大限に引き上げたモデルだ

 モデル名に含まれる「Modificata」はフェラーリの専門用語であり、性能を進化させるべく設計されたことを意味している。

 488 GT Modificataは、488 GT3および488 GTEがもともと備え持っていた卓越したレベルの性能を最大限に引き上げたモデルとなる。

 488 GT3および488 GTEは、レースに参戦する上でのレギュレーションをクリアするために、FIAのバランス・オブ・パフォーマンス(BOP)によって、本来持っているパフォーマンスが制限されている。

 しかし488 GT Modificataでは、その足枷がなくなったことにより、488 GT3および488 GTEに採用されているもっとも効果的かつ革新的なソリューションを組み合わせ、パワートレイン関連を中心とした新技術の性能を遺憾なく発揮できるのである。

 搭載されているV型8気筒ツインターボエンジンには、特定のコンポーネントが特殊設計されており、レース用エンジンに採用している素材も用いられている。さらにきわめて革新的なコンポーネントや高い性能を引き出すマッピングを採用したことにより、エンジンは最高出力約700cvにまで引き上げられている。

 これに伴い、エンジンの出力とトルクが増大したことから、ギアレシオの異なるギアボックスとカーボンファイバー製のクラッチが採用された。

●ベースとなった488 GT3と488 GTEとは

 488 GT Modificataは、世界耐久選手権に参戦する488 GTE、そしてGTレースに参戦する488 GT3の完全なる融合体といっていいだろう。この2台は、跳ね馬史上もっとも大きな成功を収めたモデルのひとつでもある。

 488 GT3は、350回以上の勝利、630回以上の表彰台獲得、FIA世界耐久選手権におけるドライバーズ/チーム/マニュファクチャラーのタイトル獲得といった結果を残している。

 一方の488 GTEは、ル・マン24時間およびプチ・ル・マンで優勝を飾っている。

 ニュルブルクリンクの北コースで集中的な開発作業を進めた結果、488 GT Modificataは、大きなダウンフォースを発生するエアロダイナミクス性能を獲得。全体の空気抵抗を大きくすることなく、フロントでより大きなダウンフォースを発生させるようにすることで、リヤウイングの角度変化に対する反応がより敏感になっている。

 アルミニウム製のルーフおよびアップライトを除き、ボディは488 GTEと同様、カーボンが用いられている。これは、230km/hの時点で1000kgを超えるダウンフォースを発生させることに貢献している

Next究極の跳ね馬趣味の行きつくところは、サーキット!
Gallery【画像】488 GT Modificataのホンモノだけが持つ強烈なオーラ!(6枚)

page

RECOMMEND