「極ワル」仕様のベントレー「フラスパ」誕生! マンソリー・マジックの秘訣は?

マンソリーがベントレー「フライングスパー」をカスタムしたら、さらにスポーティで「極ワル」仕様になった。下品になる一歩手前の絶妙カスタムの全容を紹介する。

710馬力までチューンナップしたフラスパとは?

 リアに目を向けると、まずリアバンパースポイラーとディフューザーがマンソリー・スペシャルであることが分かる。

 エグゾーストは4本出しに変更されており、それだけでもリアビューはずいぶんとスポーティなものに見える。リアのデッキスポイラーやトランクリッドにフィットされるロゴもマンソリーに変更。

 さらに細かくボディをチェックしていけば、ミラーのハウジングやカバーも、微妙にそのデザインが変更されていることが分かるはずだ。これらのスペシャル・パーツは、すべてカーボン製となっている。

マンソリーでは、インテリアのパーツも多く用意されており、カスタマーの希望によっては、フルオーダーメイドも可能

 一方搭載される6リッターのW型12気筒エンジンは、ノーマルの635ps & 900Nmというスペックから、ECUユニットとエグゾーストシステムの変更で、一気に710ps & 1000Nmにパフォーマンス・アップした。このパワーのおかげで0ー100km/h加速3.6秒、最高速は340km/hと、各々0.2秒、7km/hもオリジナルよりも優秀なデータを叩き出すことに成功している。

 シャシはマンソリーのロワリング・サスペンションキットを用意。これによって車高を20ー30mm低下させることが可能となり、よりスポーティなハンドリングを楽しむことができる。

 装着されるタイヤはフロントが275/35ZR22、リアが315/30ZR22。これはノーマルのフライングスパーより、1インチ径が大きくなったことになる。ホイールは同社の「BY5」や「F23」などがラインナップされており、カスタマーの選択肢は豊富だ。

 また、インテリアのパーツも多く用意されている。そもそもカスタマーの希望によっては、フルオーダーメイドも可能とするマンソリーだが、複雑な形状を持つステアリングホイールやカーボン製のシフトパドル、マンソリーのロゴが入るエントリーパネルなどは、代表的なチューニングアイテムの一例だ。

 ベントレー・フライングスパーでチューニングを楽しむのも、趣味の世界としては決して悪くはなさそうだ。

Gallery:【画像】煽られることはまずないマンソリーのフライングスパーを見る(11枚)